No Second Lifeセミナー№22 なりたい自分になる!目標を達成し夢と成功を掴む「実現力」インストール講座」に参加してきました。自分が変わることで答えを出します!!

Sponsored Link

こんばんは、ミワ マサシ(@sanrinsya)です。

お世話になっている、プロブロガー立花岳志さんのセミナー、

IMG_4429

No Second Lifeセミナー#22、
『なりたい自分になる!目標を達成し夢と成功を掴む「実現力」インストール講座』に参加させていただきました。
ものすごく濃いセミナーでした、その事を書いてみます。


あなたはなぜ変われないのか?

1,自信がない、この一言では足りない

自己信頼、自己否定、この2つの要素が、自分が変わることのキーワードになります。

自信がある=自己信頼が高い状態。

自信がない=自己信頼が低い、自己否定が強い。

自己信頼が低い、自己否定が強い…、
この2つの意味は違ってくる、別々のものであると認識しなければならない。
それぞれの対処は違ってくる!!。

※ 自分に自信がない…自己信頼が低いか? 自己否定が強いか? この意味をさぐることは大事!

2,自己信頼を高める

・DoingからBeingへ。
「もっとがんばらなきゃ」は自己信頼感の低下のサイン…。
この説明は思ってもいなかった言葉なので、心に残りました。

Doing=〜〜が出来たから、俺は偉い。
Being=今ここで生きていることを承認、祝福する。

存在していればそれで良い、自分に対して祝福・承認しよう。
家族間、夫婦間で褒めあえれば最高、今日もいてくれてありがとう。
同じ空間に生きていれて嬉しい。

劣等感をバネ⇒◯
劣等感コンプレックス⇒☓
環境因子をかさにするな!
「〜〜だったから、出来なかった」は通用しないと言うこと。

3,自己責任思考。

運命的(劣等コンプレックス)、周囲からの圧力を隠れ蓑にしない!
自分がそれを言い訳にしても、心の底では、それは嘘だ! と言うコンプレックスがある。
その結果、自己信頼が低くなる…。

自分の感情を受け止める。
好き、嫌い、怖い、を認めてあげる。

なりたい自分

 ※ 理想の自分(なりたい自分)になった姿をありありとイメージして味わう。

コンプレックスとは、まだ実現できていない理想の自分の姿。
変わりたいポイント、なりたい自分をリアルにイメージする…。

豊かな情熱

・できるかできないの世界⇒やる!の世界。
できるかできないか、と言う事は、できるできない両方の要素がある。

それよりも、やる!と決めてしまえば⇒どういうふうにやるか?
一歩進めることができる!!。

 

口癖を変える

否定的な口癖を、違った表現で肯定的な言葉に変える。

分からない⇒ちょっと考えてみよう
もうダメだ⇒視点を変えてみよう
どうしよう⇒別のアイディアを出してみよう
無理だ⇒どうしたらできるだろう?
できないよ⇒大丈夫、なんとかなる

行動を変える。

即断即決!⇒GO!!

・即断即決、決めたらすぐに進める
・忙しい時でも5分でいいので即日始める
・「半年後に始める」「3ヶ月後に始める」はやらない
・今日できない理由がズラズラ出てきたら「やりたくない」と言う事。

 ※ やりたくないことはやらない、やりたいことをやる!!。
この見極めをシビアに・・・。やると決めたら、すぐにやる!!

残された時間は限られている。

この項目は、自分に一番当てはまる…先送りしてしまう時はたしかにやりたくない時。
ズシンと響きました。

 

リスク(不安)なくして成功はない

安定と自由はトレードオフの関係にある。

トレードオフ…一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ないという状態・関係のこと

安定を求めれば、自由を犠牲にしなければならない。
リスクを取らなければ成功はない!
リスク管理は不安管理の一面が強いと今回学びました。

 

正しい課題設定

ギャップ

なりたい自分と現状のギャップを客観的に知る。
ギャップ=自分の課題。

ギャップを埋めることが「なりたい自分になる」こと。

※ そのために「なりたい自分」を明確にイメージしなければならない。
明確な「なりたい自分のイメージ」
       ↓
客観的な自分の現状、なりたい自分との差(ギャップ)

目的と目標をセットで決める

似て非なるもの。
目的にはゴールがない…。
目的に沿った生き方をするための指針が「目標」
目的がない目標は達成しにくく燃えやすい…。

目的と目標を見間違ったり、混同してしまう事が多かった私、
この事は、。ピッタリ私に当てはまりました。

このとこは私に限らず…多くの人が間違える(混同する)ことだと思います。

例えば、
体重を20kg落とす…目標!
では何のため?…健康的に過ごすため!←これが目的になる。
目的に沿った生き方をするための指針は「目標」ということ。

目標は達成されたら、目的に沿った新たな目標が生まれる。
目的は終始変わらない…。
これを見失うと…、
体重を20kg落とす、このことを目的と勘違いすると…。
その後は、バーンアウト(燃えつき)して、リバウンドしてしまうことが多い。
痩せることが目的ではそれでおしまいになってしまう。

健康的に過ごすためを目的に設定した場合は…。
健康的に過ごすために、落とした体重を維持する、もしくは、さらにまた痩せ続けること、
という新たな目標が生まれて、リバウンドはしない…。

痩せた状態を維持することに「ストレスがなく」「自由である状態状態」を維持させることが⇒目的

このことは今回のセミナーで私にとっては、重要なポイントになりました。
目的と目標の違い…肝に銘じます。

 

なりたい人になる鉄則!! 

自分で勝手に(決・始・続の法則)と名づけました。

・どうなりたいかを考え、そのためにすることを決める
・決めたことを、すぐに始める
・結果が出るまで、ひたすら続ける

後は転換ポイントまで、ひたすら続けるしかない…。
転換ポイントがどこかは、自分を信じてやっていくしかない。

コツコツの奥義

ラーニングカーブ(習得曲線、学習曲線)
自分が思い描いてるラーニングカーブとの違いがコツコツを妨げる一因でもある。

あるポイントまでは…成果が上がらない、そのポイントに行くまでは継続することに集中する。

正しい負荷設定は試行錯誤!!

適度な負荷設定とは?

適性な負荷は試行錯誤で自分で決めるしかない!!
やらない⇒やる…転換点までは質・量よりも「頻度」に意識を向ける。

小さく始めて、周囲に宣言する。
そして仲間をつくり、記録することで「続ける」を意識を向けて、記録を公開する。
仲間と励まし合い、レベルを徐々に上げていく。
定期的に見直して軌道修正…。
できるようになるまでやめない…。

まとめ

なりたい自分になる(変わる)!!。
そのためのキーになることが網羅されたセミナー。
メンタル的な部分の対処については…ものすごく勉強になりました。

自分の答えは…自分が変わった姿で答えようと思います。
立花さん、濃いセミナーをありがとうございました。
参加者のみなさん、ありがとうございました。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Sponsored Link