仲間と友人の境界線が限りなくボーダレスになってきました。[日刊vol:15]

Sponsored Link

仲間と友人の境界線が限りなくボーダレスになってきました。[日刊vol:15]

友人(お友達)が少ない、もしくはいない、と言う事が悩みの人は多いと思います。
そんな人に聞いてみたいのが、
「お仲間もいないのですか?」と言う事です。

仲間と友人の違いは?

私の私感が混じっています。あらかじめご了承ください。

仲間は、共通の目的があって、それが中心で集まった人たちのこと。
友人は、共通の目的が無くても仲良く出来る人たちのこと。

基本的に、私はそんな風に思っています。

 

辞書ではどう解説されてるか?

《仲間》
 一緒に物事をする間柄。また、その人。「趣味を同じにする―に加わる」「飲み―」
 地位職業などの同じ人々。「文士の―」
 同じ種類のもの。同類。「オオカミは犬の―だ」
 近世商工業者同業組合官許を得たものを株仲間といった。

《友人》
互いに心を許し合って、対等に交わっている人。
一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人。
友。馴染み 仲良し フレンド 友人 交友 知友 同友 親友 親朋 
好友 知音 知己 畏友高友 徳友 莫逆の友 心腹の友 蘭交の友 
断金の友 膠漆の友 管鮑の友

kotobank」より引用。

 

 あなたは友人何人いますか?。

あなたは友人と呼べる人が何人いますか?
アンケートで見ると、

—- アンケート概要:調査期間2010/2/24~2010/3/1
アンケート対象:COBS ONLINE会員
有効回答数462件(webログイン式)
—-

0人……15.6%
1人……15.8%
2人……20.3%
3人……22.1%
4人……6.1%
5人……11.9%
それ以上……8.2% マイナビニュース より引用。

だいたい、0〜5人で9割りの割合ですね。
この数字、多いと思いますか? 少ないと思いますか?。

 

年代によって友人の概念が変わってきた。 

SNSの影響なのか?、SNSをする若い人たちの❝友人❞の考え方と、
今までの友人の考え方が変わってきたと思います。

今までのリアルで❝仲間❞と呼んでた間柄もSNSでは❝お友達❞になります。
その影響なのだと思いますが…。
私の年代から見ると奇異に見えることもあります。

sns

友人がいなくても!

友人がいない事を悩んでる方、そんなに悩まなくても良いと思います。
友人がいなくても、お仲間がいれば人生は豊かになります。
友人とお仲間の境界は限りなく近くなっています。
と言いますか。もはや区別がつかないところまできています。

仲間がいれば…それで充分ではないでしょうか?
友人が少ないあなた・・・ありのままのあなたで良いと思います。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

Sponsored Link