トレッドミルは使いようだと分かった夜…[日刊vol:22]

Sponsored Link

トレッドミルは使いようだと分かった夜…[日刊vol:22]

いつもどおり、毎日の日課のスロジョグをしてた時に、雨足が一時的に強くなったので、ジムに移動して、トレッドミルを使いました。
ところが、違和感がありありで、どうにも消化不良な感じがしました。
公園ジョグ
IMG_5757
その後、雨足が強くなったのでいつものジムへ…。

その辺の事情はこちらを参照してください。
 

やりたかったステップマシーンはすべて使用中で、仕方がないのでトレッドミルを使うことに。
昨日、Facebookで教わった、NIKE+Running アプリの室内モードを使ってみることにしました。
スクリーンショット 2014-04-22 22.42.18

 

iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 Nike+ Running

違和感が強い!

トレッドミルで走りだすと、楽すぎるんです。
リアルなジョグより…勘違いするほど楽なんです。
そんなに脚力や心肺能力が劇的に上がったとは思えないですし、
(少しは上がってますが)。

IMG_5756

 

現実のジョギングとkm当たりの時間で比較してみました。

やはり、全然違います。
1分以上の開きがあります。
こんなペースではまだ走れません。

イメージ

 

なぜこんな結果になる?

勝手に推察すると…、ベルトが自動的に回るトレッドミルは、速度はベルトが決めて。
リアルなジョグやランは速度は自分で決める。
この差なのかな、なんて考えました。

その事を解説してくれてるサイトがありました。

 

トレッドミルでの効果的な走り方 - RUNNET - 日本最大級!走る仲間のランニングポータル

なるほど、やはりそうか…という感じです。
どのように使えば良いか、そのことも書いてありますので、
紹介させていただきます。
「2~3%の傾斜」をつけて「ややピッチ気味」で走ることをお勧めします。
軽い傾斜をつけることで、「押し」の動作が必要となり外でのランニング動作に近づきます。
さらに、ピッチを意識して走ればオーバーストライドに陥る心配もありません。
また、あまりスピードをあげなくても適度な負荷を得られ、
心肺機能へのトレーニング効果も高まります。
ただし、極端に傾斜をつけると、坂道を上るのと同じことになるので身体の後面の筋肉以上に大腿部の筋肉を使う比率が高くなるので注意が必要です。


最後に、どんなスポーツでもより良い結果を出すには、せっかく鍛えた基礎体力を実際のスポーツの動きにどれだけ生かせるかがポイントです。同じ持久力や心肺機能をもっていても、走る動作に生かせているランナーとそうでないランナーとでは確実にタイムが追ってきます。ランニングにもテクニックがあるのです。

トレッドミルでの効果的な走り方を述べてきましたが、やはり週に1回くらいは外を走って、
養った持久力や筋力を実際のランニング動作にむすびつけることはとても重要だと思います。
RUNNETさんより引用させていただきました。

 

まとめ

トレッドミルは心肺能力向上には効果的で、走ることの補助にはなります。
トレッドミルに偏るとまずいなと、自分では思いました。
良いバランスで使っていきたいなと思いました。
やはりメインは実際に外を走ること。
これは大事なことだなと思いました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link