継続の大敵❝中だるみ❞について考えてみました。

Sponsored Link

継続の大敵❝中だるみ❞について考えてみました。

ジョギングを続ける、ダイエットを続ける、いろいろなことをやり続ける。
私もみなさんも、さまざまなことを継続しようとしています。
そんな中、誰にも必ずあるのが、❝中だるみ❞という現象です。
なんで起きるのか? 思いつくままに考えてみました。

中だるみって?

個人的には、 長期的に何かをやり続けるなかで、途中で一時的に緊張がゆるんで、
なぜかやる気(モチベーション)があがらずに、
やらなければならないことを出来なくなる、
またやらなくなってしまう時期のこと。
そんな風に考えています。

なぜ緊張が緩むのか?

1,もともとの目標が設定されていない。

何をしたくて、その事をやり続けようと思うことは絶対必要なことです。
それを考えずに、とりあえずやり始めてしまった。
継続する意味が途中で分からなくなってしまった。
私の場合は、深く考えずにあの人がやってるから、とりあえず同じことを。
でも結局、途中で挫折してしまったことがあります。 そんな失敗がありました。

2,最初の目標が入れ替わってしまった。

最初にこれをやるために、やり続けるぞ!
そんな思いで始めたことが、いつのまにかやり続けることが目的になってしまう。
分かりづらいでしょうか?
私の場合で言うと、 来年の東京マラソンを完走する…、
そんな目標を立ててジョギングを始めたのですが、

いつのまにか、走る事を継続することだけが目標になってしまうことがあります。
続けるだけ、と言う目標は、いつかは息切れがします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中だるみだと感じた時は…。

目標を見直す作業をする。

目標を見直す作業って、どんなことをすれば良いのでしょう?

1,目につくところに、分かるようにしておく。

目につくところ…、 それは、人それぞれに違います。
例えば、紙に書いて壁に貼っておくやり方。
手帳の最初に、目標を書くやりかた。

PCなら、色々なファイルに目標の言葉を入れておく。
私はこんな感じにしています。
毎日の締めの時に見るファイルに書いています。
スクリーンショット_2014-04-25_21_46_08

2,目標を設定する。

目標がなく継続にトライしている人には、 今継続してることに、目標を決めてみる。
数値的な目標でも良いですし、たとえばダイエットなら、痩せてあの服を着たい。
などでも良いですから、目標を設定しましょう。
その目標は後で修正・変更が効きますから。
最初は決める事が大事だと思います。

まとめ

中だるみは誰にでも起きます。
そんな時は、目標を見なおしてみることをお薦めします。
それでもダメなら…、目標が間違ってる場合が多いです。
そんな時は、元々から変える必要があると思います。
山あり谷あり、紆余曲折があると思いますが、
そこを切り抜けて、みなさん目標を達成したいですね。
私も目標達成のために、淡々と決めたことをやっていきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Sponsored Link