走りで分かる糖質依存…、まだまだ変わっていない身体を実感。[日刊:vol26]

Sponsored Link

走りで分かる糖質依存…、まだまだ変わっていない身体を実感。[日刊:vol26]

昨日、今日と、ジョグがつらい。
今日は特に1kmでもつらい。
今日で累積51日のジョグになりますが、こんなことは初めてです。
IMG_6078

その原因を初心者なりに考えてみました。

 

疲労ではない…。

睡眠も取り、疲労感はないですね。
むちゃくちゃな距離をジョグしたこともありませんし。
足の疲労感もありません。
ではなぜ???。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

変わった点は?

食事内容

少し炭水化物を少なくしています。
今日の走る前の食事は…、
スクリーンショット 2014-05-07 16.29.23摂取した栄養素は…、
スクリーンショット 2014-05-07 16.30.27今日に限って言えば、炭水化物を16.3gしか摂取していませんでした。

時間…。

これまでは、夕食後に走ることが多かったので、エネルギー満タンで走っていました。
少し炭水化物を減らして…、今日は空きっ腹状態で走りました。

燃料…。

エネルギーの元になる、体脂肪は一般の人よりも大量にストックしてあります(自慢にはなりませんが)。
その量からすると、100kmでも走れる量の体脂肪を蓄えています。

その体脂肪を燃料に変換する能力が少ない。
そんな風に素人考えですが、思えました。

 

変換点かも。

今が変換点かもしれない。
こんな状態は初めてでした。

糖質エネルギー体質(私の勝手な命名です)から、
体脂肪エネルギー体質に変えていくための、変換点なのでしょうか?

今日は出かけるのでジョギングをストップしてしまいましたが、
これからこんな日が来たら、少しペースをゆるめて、もしくはウォーキングに変えて、長い時間を動けるようにしょうと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

Sponsored Link