食の素材を変える時にドリームキラーになるのは、家族であることが多い!!。[日刊:vol27]

Sponsored Link

食の素材を変える時にドリームキラーになるのは、家族であることが多い!!。[日刊:vol27]

ダイエットとジョギングに取り組んでいます。
来年の東京マラソンを完走する、
この事を目標にしてがんばっています。

それと同時に食材にくわしい仲間がいるので、丁度よいので食材も良い物(安全な物)に変えてみようと思いました。

 

大地を守る会

最近知り合うことが出来た仲間が勤めているところなんですが、
誠実な会社なので、ここからお願いしようと思っています。 

 

ドリームキラー出現!

それは、母親です。
頼もうとするのを、ガンとして首を縦に振りません。
理由は、高いから…、この一点なんです。
そんなことはないと思うのですが、宅配物は高い!
そんな先入観があるのかもしれません。

安全とか意識はこの年代(70代)なら普通だと思える感覚しか持っていません、
「中国産は止めて、国産の野菜にしたわ…、」そんな自慢をするレベルです。

それよりも安い商品に価値観を見出しています。

確かに私が子供のころはまだわが家も貧乏で、安いものを求めて隣の街まで買い物に行った母親を記憶しています。
それが、今のこの家を支えてきた、そんな自負もあるのだと思います、価値観を変えるのは、嫌がる年代なのだと思います。

ドリームキラーにどう対処するか。

すぐに発注して、今ごろは商品レビューでも書いているはずでしたが、予定は狂ってきました。
では、どう対処したらいいのか?

まずはじっくり話してみる。

これはあまり効果はありません。
夫婦ではないので、親子はこう言うことでこじれると厄介です。

まずは注文してしまう。

最初に頼んでしまう。
それから話をしようかとも…。
 

一度頼んでみて、
それから、話してみますか…。

まとめ

老人に多いのは、ここまで生きたから今さら…。
こんな考えが多いようです。
小さな子供がいれば別だけど…、
そんな風に思ってるのかもしれません。

そんな母親にこれから徐々に話していきます。
こう言うところは母親、特に老母は厄介なもんです。

そこの勤めてる友人に会ったら、詫びなくてはいけませんね。

でもここはお薦めです。
何とか早い時期に注文してみようと思います。

何か愚痴のようになってしまいましたが、
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

《大地を守る会を紹介したブログ》

 

 

 

 

Sponsored Link