ベビーステップで始めた習慣化なら、レビュー(振り返り)もベビーステップであるべき。

Sponsored Link

ベビーステップで始めた習慣化なら、レビュー(振り返り)もベビーステップであるべき。

新しいことを始める(習慣化する)ときに、小さな事(簡単なこと)から始めると言うのが定番です。
それならば、レビュー(振り返り、考査)もベビーステップであるべきだなと、最近思います。

 

レビューのベビーステップって?

ベビーステップで始めた習慣化?
そのことをレビューする時って、完璧を目指してる人って多くないですか?
例えば、途切れることなくやり続けないとダメだ…、とか。

レビューのベビーステップって、相撲に例えれば「8勝7敗」で良い。そんな感じで取り組むことでは!。

最近その思いが強くなっています。

 

全勝を目指した習慣化は失敗することが多い。

私も何回か経験しましたが、全勝を目指したことは、ことごとく習慣化できませんでした。
勝ち越し(8勝7敗)を目指したことは、何とか今でも続いています。全勝でいければそれに越したことはありませんが…、最初は勝ち越しを目指してやっていくしかないと思います。
この辺のことを分からずに、前に突っ走る人が多いような気がします。

習慣化はいつまでに…と言う期限はつけにくいです。
これを裏返せれば、習慣化は時間がかかっても、最終的に身につけられればOK!、と言うことだと思います。

やり続ける自分を褒めてあげよう。

私もそうですが、このことをないがしろにしてる人って多いと思います。
やり続ける努力をしてる自分に、労りの言葉を言うようにすると効果があります。
「よくやってるよなぁ…ご苦労さん」言葉は何でも良いと思います。

同時に、習慣化(継続)できない自分にも同じように、
「まだまだ出来てないけど、がんばってるからな、もうすぐだよ!」
やり続ける努力をしてるけど、できないでいる自分にも、労りの言葉をかけましょう。

 

まとめ

レビューを甘くしろ、と言うことではありません。
完璧を目指すな…!
と言うことを書きたいのです。
8勝7敗で徐々に継続化…、これが、私が一番確実な習慣化(継続化)の近道だなと思っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

《参考になる本》

  

《関連YouTube》

Sponsored Link