習慣化が崩れる時こそ、真に習慣化できるチャンスだと思います!!。

Sponsored Link

習慣化が崩れる時こそ、真に習慣化できるチャンスだと思います!!。

この数日と言いますか、一週間ほどですが、
自分で習慣化しようとしたことができませんでした。

理由はいろいろありますが、トラさん映画ではありませんが、
『それを言ったら、お終ぇ〜〜よ』みたいな感じです。

 

まさしくチャンス!

以前は、習慣が途切れると…、ハァ〜〜(-д-`*)!、
こんな感じでガックリきてました。

ずべてがダメになったぁ〜〜、みたいな感じでしたね。

色々な人のブログや、色々な人からお話しを聞いたり、セミナーで学んだりとかして、最近は、考えが変わってきました。

もしかしたら、こんな時が真の習慣化できるチャンスなんじゃないのか?、そんな風に考えるようになってきました。

 

新しい習慣は、絶対途切れる時がある!

新しいことを習慣化するときは、続けようとしても、100%と言って良いほど途切れます。
それが普通だと思います。
そんな時の対処が以前とは変わってきました。

 

今はどうしてるのか?

習慣化が崩れる前兆が分かってきた。

習慣化が崩れる時の前兆って、ありますよね。
それが分かると、対処のしかたと言いますか、どうしたら良いのか、がおぼろげながら出来てきます。

私は前兆と言うと、気持ちの部分が大きいですね。
気持ちのレベルが落ちてくると…、すべてが崩れてきます。
機嫌が悪いとか、そういう事では無いのですが、気持ちのレバルが落ち込む時、これを一番、注視しています。

私の場合は、ネットに出没しなくなります。
普段は、ネット好きなほうだと思いますが、Macの前に座りたくなくなってくると、自分の気持ちのレベルが低くなってきてるな…と思います。

私自身の負のスパイラルをさらしちゃいます。

Macの前に座りたくない⇒色々なライフログをUPしなくなる⇒ジョグする気がだんだん低くなる
⇒走れない日が出来た⇒そのガッカリ感がドカ食いになる⇒ダイエットの数値が悪くなる⇒SNSにUPしたくない⇒Macの前に座りたくない。

単純に書くとこんなスパイラルになります。

もう一人の自分。

多重人格、と言う訳ではありません(笑)。
俯瞰で自分を見れる自分、そんな意味でもう一人の自分、と書かせていただきました。

Macなどに触りたくなくなってる自分を、頭の中の自分が、
『気持ちが落ちてきた自分がいるぞ…』と分析して、俯瞰してる自分がいます。
そんなイメージです。

自分の気持ちに流されない…。
そうすると冷静にどうすれば、習慣化の波にもどれるかを考えます。

一番重要だと思うことから再開する。

自分が一番大事にしたいことを再開します。
もしその一番大事なものが継続出来てたら、二番目にだいじなことから再開します。
徐々に、元に戻すやりかたです。

累積と平均

これは、友人から聞いた言葉で心に残ってる言葉です。
連続が途切れただけで、今までやってきたことの累計と平均の数値が上がっています。
これは良い!!。
名言だなと思って、自分の考え方を取り入れています。

途切れたら、また始めれば良い…。
それだけの事なんだなと思うようになりました。

 

嫌いなことなら止めるのも方法。

最終的には、自分が好きで習慣化しようとしてるのか?
〜〜さんがやってるから、習慣化しようろしてるのか?
これを、自分で査定したほうが良いと思います。

〜〜さんがやってるから…、真似するのも良いですが、この場合は目的がしっかり出来ていないと失敗します。

もし、嫌いなことだと思ったら、止めてみるのも一つの方法だと思います。

まとめ

習慣化!
これは自己変革のキーワードの一つです。
みなさん、それぞれの習慣化のやりかたがあると思います。

途切れたから…ダメだ!
こんなことは思わないでください…。

順風満帆に新しい習慣がすぐに出来る人はいません!!。
できなかったらまたトライしましょう…。
私はそうしています!!。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

 

 

《参考になる本》

  

  

《参考ブログ》

 

Sponsored Link