ランニングアプリの予期せぬ停止で記録ミス防止のために、走る前にする簡単なたったひとつの事。[デブジョグ]

Sponsored Link

ランニングアプリの予期せぬ停止で記録ミス防止のために、走る前にする簡単なたったひとつの事。[デブジョグ]

デブジョグをしてて、何が一番やる気を萎えさせるでしょうか…?。
私だけかもしれませんが、ランニングアプリが途中で一時停止になって、記録が出来ないこと。

5km走っても、記録は3.8kmだったりとか…、そんな時は走る気持ちが一気に萎えてきます。

あなたのiPhone、アプリで溢れていませんか?

私はiPhone好きなので、アプリであふれている状態です。スクリーンショット 2014-07-03 1.23.24

スクリーンショット 2014-07-03 1.23.34

iPhoneにいれたアプリにメモリーを使いすぎて、ランニングアプリが途中で停止してしまうことがあります。

 

走ったことの証明が消える。

iPhoneやスマホでジョギング記録を録って、SNSに投稿することって…。
走ったよ〜、と言う証明になっている事が多いですよね。

言葉を変えれば、その記録を残すためにジョギングする。
そんな一面もあります。

そんな中で、ランニングアプリが止まると…。
何も走った証明…証拠がない。
口でいくら5km走った〜〜、と言ってもだれも信じてくれません。
そんなことってありませんか?

自分のがんばりが、何も無くなってしまう。
これが、わたしにとっては、走る気持ちを萎えさせる理由なんです。
03_px250

 

 

 

必ず走る前にやること!!。

そんな記録ミス(予期せぬ一時停止)を防ぐために、
走りだす前に、必ずやっておいたほうが良いことは、
たったひとつの作業です。

走る前、ランニングアプリを稼働させる前に…、
iPhoneを再起動することです。
iPhoneの電源を一度落として、またスイッチを入れることです。
iphonereboot1

 

また、電源ボタンとホームボタンを同時に押し続けます。
これをやって、その後にランニングアプリを稼働します。
これでほとんど途中で予期せぬ停止は防げます。
06e1d075

まとめ!

このやりかたをしてから、おかげさまで記録が録れないことはなくなりました。
走り終わって、記録が止まってると、本当にガクッときます。
それを防ぐことは、ちいさな事ですが、走り続けるためには大事だなと、最近特に強く思います。
同じ経験をした方の役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございした。

 

余談

先日スタートした、2015東京マラソン、エントリーしました。
何とかこれで当たれ〜〜!と祈っています。
IMG_7848

Sponsored Link