ブログを書くためのブログワークショップに参加させていただきました。[ものくろキャンプ]

Sponsored Link

ブログを書くためのブログワークショップに参加させていただきました。[ものくろキャンプ]

ブログを書くと言うことは、2つの要素があります。
「ブログを書く」「ブログを見せる」この2つだと思います。
これは正しいやり方は人それぞれです。
何人もの先輩のブログを真似ながら、色々なセミナーで学びながら習得するものだと思います。
そして自分のスタイルをつくっていくことだと思います。


ものくろさんこと大東信仁さんが「ブログを書く」と言うためのセミナー、

500文字ワーク”からあなたのブログをその場でアドバイスするワークショップ
に参加させていただきました。

大東信仁さんって?

IMG_7941 大東信仁(ものくろ)さんのプロフィールを紹介します。
私は、プロブロガーで作家の立花岳志さんのもとで知り合いました。
若いですが、キャリアが長いので❝兄弟子❞として敬愛しています。
丁寧な説明で、、親指シフト、ブログの書き方、DigiPressのテーマに関するセミナーを開催しています。

 

[箱] 大東 信仁(ものくろ)について | [箱]ものくろぼっくす

ものくろキャンプのサイトはこちらです。
こちらに今後の開催情報が載ります、興味がある方は一度参加してみてはいかがでしょう、
 ものくろキャンプ

500文字ワーク”からあなたのブログをその場でアドバイスするワークショップ

7/5、ブログを書くためのワークショップが行われて私も参加してきました。
いわば、下準備、ブログを設計する…そんな事を教わりました。
手書きの下書き…、私は苦手なので四苦八苦していました。
下書きは…頭のなかで、そんなタイプなので(^^ゞ。
でも、参加した人のなかの一人が、なるほどこう言う事か…!!。
と気づかせてくれる下書きを見ることが出来て、とても参考になりました。

※ ここから数枚の画像はものくろキャンプのブログより拝借しました。
DSC05243

手書きに対する疑問?

正直、私は頭でドンドン考えてしまうタイプのようです。
これは良し悪しですが、ブログの設計も頭でしてしまいがちになります。
ブログに関してはやり方をかえるつもりはありませんが、
これからの自分がしようとしてることについて、手書きと言う要素も必要なことには間違いない。
そんな風に思いました。

もともと遥か昔、PCをやり始めた理由が手書きがしたくなかったから、と言うのがあります。
ツールが追いつかなかった時代は、手帳も使っていましたが。

今回、いただいたフォーマット、これはよく出来ているので、これはパクらせていただこうと思います。
私が感じた事で、批判と捉えないでください。

 

ブログ批評は、ありがたいことです!。

その中で2本ブログを書きました。
そんな私のブログを参加者のみなさんで批評していただきました。
色々な意見があり、参考になりました。
こう言った批評する機会はなかなか無いので、ものすごくありがたかったです。

 

まとめ。

なぜブログを書いているのか?
ブログに何を求めているのか?
これはブログを書く人が100人いれば、100通りの答えが出ます。
改めて、そんな思い持ちました。

まずは、全部やってみて、自分に応用できるかどうかを見極めて行こうと思いました。
参加してくれたみなさんに感謝します。
またよろしくお願いします。
10522119_666008643468104_7593204_o
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link