大塚彩子さんの個人セッションを受けました。自分が知らない自分を垣間見る時間が持てました。

Sponsored Link

大塚彩子さんの個人セッションを受けました。自分が知らない自分を垣間見る時間が持てました。

音楽家で、セラピストである大塚彩子さんの個人セッションを初めて受けてきました。

 

自己開示が怖い…。

随分前から、この日を決めていたのですが…、
当日になると…、どこか緊張してしまい、ソワソワと落ち着かない日でした。

自己開示が怖い…、自分の中の負の気持ちとでも言うのでしょうか?
そんな物が吹き出してくるのでは…、そんな思いに憂鬱な感じでした。

大塚彩子さん(これからは彩さんと表示させていただきます)のスタジオの前の公園で、心を落ちつかせるために( ´ー`)y-~~。
よし…行くか!、と心を決めてスタジオに…。
ま、とことん女々しい小心者です(^^ゞ。

 

カード・セッションを受ける。

最初、緊張の中で始まりました。
なかなか自分でも…、今の頭(顕在意識)でしか話せませんでした。
それまで、彩さんやご主人の立花岳志さんのセミナーなどに参加させていただき、ある程度、自分は変わったと言いますか、自分は素の自分になれた。

そんな風に思っていたからです。

そんな時、彩さんがカードを取り出しました。

「あれ? タロット占いでも始めるのかな?」なんて思っていると。
カードを切り、並べて、言われるままに左手でカードを取り出しました。
この事は、彩さんのブログに紹介されてますので、ここでも紹介させていただきます。

後からの説明で、左手は潜在意識を、右手は顕在意識を現わすとの事でした。
そのために私の潜在意識の答えとして左手でカードを選びました。
出てきたカードはこの6枚でした。
unnamed (1)このカードを使った理由は、彩さんのブログに書かれています。

セラピーやカウンセリングというと、慣れない方は、何を話してよいのかわからない戸惑いや、
何が出るかわからない「怖さ」を感じられることもあるかと思いますが、
このカードを使う方法は、ぶっちゃけ全然「怖くない(笑)」です。
カードが介在なので、安心して話ができるかんじ。

怖くないけど、ちゃんと核心に迫る力があるので、
かなりの満足いただけるセッションになるのではないかと思います。

大塚彩子さん、『響きの庭』より引用させていただきました。

なるほど…完全に私は当てはまりますね…。

 

最初のカード!。

最初のカードは、このカードでした。
最初は何を意味することなのか、分かりませんでした。
ライバルとつばぜり合い…最初はそんなイメージが湧いてきました。
このカードが最終的に、自分が思いもつかない意味になってきます。
IMG_8016

 

2枚目のカード!

現在の自分の状況を現すカードでした。
このカードを見てイメージしたのは…。
イメージ

 

3枚目のカード!

今の私は…、どんな状態になっているのか?
そのことを現すカードでした。
自分のイメージをカードに書いています。
こんなイメージを持ちました。
イメージ

 

 

4枚目のカード!

今の自分の気持ちの状態を現すカード。
これは、ビックリしました。
まさに、今までの自分を示すカードでした。
イメージ右上の、イメージは?、と聞かれ?、
誰かと争ってる、と答えました。
そこから、話を広げると…、その相手は弟ではないか?。
そこから、弟との事を彩さんと話し始めました。

 

私の弟…。

私の弟は、障害者で脳性小児マヒを患っています。
小学生当時まで、いっしょに住んでいました。
そんな時に、同級生を家に連れてきた時。
「お前の家、何か臭いなぁ…」
「お前の弟、何かおかしくないか?」
弟のヨダレとか、オムツをしてたのでそんな匂いの事を言われました。

そんな屈辱感と言いますか、恥ずかしさが、自分の心に焼きついたようです。
それ以来、自宅に友達を呼べなくなりました。

その後も続く弟がらみの事柄。

好きでたまらない女性が出来た時、
その人にも、同じような弟がいたことが…。
その時は、もう大人になってましたが、また嫌な思いをする。
そんな風に思ったのかも…、結局お別れしましたが…。

いつまでも、この弟に対する思い。
「お前がいなければ!」と言う呪縛が取り憑いていました。
4枚目の何かについて身構えてるカードは、まさに弟の事を聞かれることに、身構えてる自分だと分かりました。

個人セッションの本番。

そこから、彩さんと弟の事でカウンセリングを受けることに。
そのことは詳しくは書けませんが、
カウセリングの途中から、弟がいなければどうなったか?
弟がいてくれたから、良かったこと…。
そんな事を話している時に、無意識に、「我々兄弟がいたから…」と言う言葉を使っていました。
その事を彩さんから指摘されました。

確かに、この人生では一度も使ったことがない言葉でした。
これは驚きでした。

5枚目のカード!

弟との呪縛が解けた時に何が起きるのか?
そんな事を現すカードがこれでした。
つまり、この呪縛(ビリーフ)は解けたら色々な物が回転(動く)し始めて、自分の望む方へ変わっていく。
そんなイメージを持ちました。

IMG_8015

 

 

ここまで受けて、最初のカードの意味が変わってきました。
最初はだれかとつばぜり合い、そんな風なイメージのカードが、
IMG_8016弟との関係だなと思えるようになりました。

手をつないでるわけではないが、お互い近い位置にいます。
これは、弟だったんだな…。
彩さんに言われ、その通りだと思いました。

 

 

最後のカード!

弟とのことがクリアになると、どうなりますか?
そこでもう一枚、左手でカードを選ぶと…。
このカードが出てきました。
unnamed (2)彩さんには、「三輪さんに似てますね」なんて言われましたが、
私には弟に見えました。
障害のせいですが、弟は私たちのような悩みはありません。
言葉を変えれば、私よりも達観した立場にいる…。
そんな意味で、このカードは、弟だなとイメージできました。

最後は私のイメージで彩さんがピアノで即興で曲を弾いてくれました。
凄いな…私にはそちら方面は才能がないので…。
その曲も心に響いてきました。
彩さん、ありがとうございました。

 

まとめ。

自分が怖がってたせいか分かりませんが、気持ちは楽になったのですが、身体はなぜか疲れました。
潜在意識と顕在意識が会話したからでしょうか?
なぜかは…分かりませんが、疲労感は強かったです。
定期的と言いますか、必要だなと思った時には、迷わずにこう言ったカウンセリングを受けることは必要だなと思いました。
今は、自分がどう言う状態になったからカウセリングが必要なのか?
それを考えてみたいなと思います。

今回は、彩さん、本当におせわになりました。
素敵な時間をありがとうございました。

※ この内容は、彩さんよりブログに書いて良いと許可をいただいて書かせていただきました。その点も彩さんに感謝いたします。

Sponsored Link