暑さにもう少し強くなりたい、何をどう変えれば良いのか?

Sponsored Link

暑さにもう少し強くなりたい、何をどう変えれば良いのか?

とことん夏に弱い私。 夏が得意になると言う訳ではなく、も言う少し活動的になるにはどうすれば?。 色々な生活側面から考えてみました。

・食生活(栄養面)

夏は何をしなくても、汗をかきます。 特に今年の関東は今のところ猛暑が続いています。 IMG_8521汗を大量に書いて、栄養素を消費してしまいどうしても不足がちになります。 なるべく意識して摂りたい栄養素はなんでしょう?。

1,クエン酸

梅干し、柑橘系、酢。 88-4 身体のだるさ、疲労回復、に効果があります。 筋トレをしてる人にも、必須な栄養素です。 すっぱい物に含まれています。 梅干し…常備しておかないとダメですね、わが家には今無いので。 と言うことで、早速注文しました。

2,ビタミンB1、

tp12_ph04 夏場は、ビタミンB1の消耗が激しくなり不足しがちになります。 不足すると体内に摂取された栄養を、 エネルギーに変換できにくくなります。 ビタミンB1を豊富に含む食品は、 豚肉、うなぎ、大豆、玄米、ほうれん草、ごま などがあります。 アリシン(ニンニク、ニラ、ねぎ、玉葱など) を含む食品と一緒に食べるとビタミンB1の吸収が良くなります。

3,ビタミンC

枝豆、トマト、かぼちゃ、モロヘイヤ、グリーンアスパラ、ゴーヤ 1903

外へ出たら灼熱地獄・・・。 とかく、夏はストレスがたまりやすいものです。 このストレスが胃腸の働きを弱めたり、自律神経の不調につながり、夏バテを促進してしまいます。 こんなときに効くのがビタミンCです。

こうやって調べて見ると…、
やはり、栄養不足の感が拭えませんね。
少し考えないと…夏バテがどんどんひどくなっていきますね。

All Aboutさんに、❝夏バテ対策10か条❞と言う記事がありました。
今年の夏はシンドイな…、そんな風に思ってる人は(私もそうですが)、参考にしてみてください。

まとめ。

夏バテに陥る習慣を知らず知らずのうちにやっていました。
食事、睡眠…、この2つをキチンと修正できれば、夏バテはある程度改善されます。
でも、おそらく一生…、私は夏をすきになることは無いでしょう。

私と同じ白くま体質のみなさん、何とか夏をのりきりましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Sponsored Link