これなら初心者の私でも出来る!、iPhone6、6Plusの大きさをチェック!。

Sponsored Link

これなら初心者の私でも出来る!、iPhone6、6Plusの大きさをチェック!。

GIZMODOさんの記事が私のようなレベルの、iPhone愛好者(初心者)でもやれる事が記事になっていたので、実際にやってみました。
私と同じような人で、サイズがピンと来ない人にはありがたいやりかたです。

印刷して調べよう。iPhone 6&6 Plusの大きさがわかる「型紙」 : ギズモード・ジャパン

実寸サイズのPDFファイルのダウンロードは ⇒ こちらです。

ダウンロード出来るPDFはこんな画像になります。
IMG_20140912_0001_NEW
これをプリントアウトするのですが、最初の設定が「USLetter」サイズなのですが、それをA4でプリントすると実寸サイズになります。
それを切り取ればiPhone6シリーズの実寸が出来る。
これは…スゲ~アナグロだけど、これならオイラにも出来る…、と言うわけでやってみました。
そして切り取って実寸サイズを作ってみました。

iPhone6の場合。

こんな感じです…。
かろうじて片手で操作できるかな?
そんなサイズです。
IMG_9837

iPhone6Plusの場合。

私の手のサイズでは、片手操作はおそらく(ヾノ・∀・`)ムリムリ。
そんな感じです。
IMG_9836中指の位置で大きさが分かっていただけるかなと思います。

サイズ選択のポイントは?。

iPhoneにおける自分のiPhone行動学で決まる要素が多いですね。
ガジェッターではない私のような人は、特にそうです。

iPhoneはどこに?

色々なところに入れていますよね。
ポケット?、カバンの中?、これって意外と大きなポイントになりますよね。
私は、ほとんどバッグかポシェットにいれる事が多いですね…。
ご自分の保管場所(外出時の)を考えてみてください。

 

ランニングポーチに入るのか?

Run KeeperなどのRUNNINGアプリを使ってる人も多いと思います。
今お使いのランニングポーチに入るかどうか?
これも大きいですよね…。

 

片手使いか、両手使いか?

iPhoneを使う時、片手使いなのか?、両手で使うのか?。
これも大きな要素です。
私の場合は…、7割が両手使いです。
どちらがどう、と言うのではなく自分がどうiPhoneを使ってるか?

これがポイントですね…。

 

中高年にはもうひとつのポイントが。

それは…目です。
私は老眼です…。
若い方はどうでも良いことかもしれないですが、中高年には大きな要素です。
老眼には、今の5sのサイズでは…キツイ時がありますので…。

まとめ…。

iPhoneを使う時の具体的な動作、お使いのアプリで、保管場所で…。
それぞれのiPhoneライフで、今度のサイズが決まりますね…。
明日、予約の日になりますが…。
もう、みなさんは決まりましたか?

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

Sponsored Link