あなたの週の始めは何曜日?、自分の生活様式で何曜日にしても構わないと確信しました。

Sponsored Link

あなたの週の始めは何曜日?、自分の生活様式で何曜日にしても構わないと確信しました。

あなたの週の始めは何曜日ですか?

唐突かもしれませんが、毎年どうしようか…考えています。
これをどう考えるかで、その方の生き方、職業、感じ方の一部が垣間見えます。

週の始まりを決める要因。

業種

職業と言いますか、業種によって週の始まりは違ってきます。

私が最初に勤めた、某外食チェーンでは、金曜日〜土曜日が一週間でした。
これは、理由があります。
外食産業とか、流通物販業界では、このパターンが多いようです。
一週間の売上予測がキーになります。
一週間の売上予測を基に、人員配置などを決めます、一般的に言う従業員のスケジュールです。

週の売上予測を立てる場合は、金土日の売上が週の売上の7割を占めます。
金土日の売上が出た段階で、最初に立てた売上予測との誤差を計り、その後4日間(月〜木)で人員を調整します。
こうやって人件費の調整をはかることをするからです。

そのため、金〜木と言うのが都合が良いからなんですね。

この他にもいろいろな業種でいろいろな曜日始まりがあると思います。

 

土日の考え方。

一般的には、日曜始まりか、月曜始まりが主流です。
自分の生活サイクルがどちらが合うか?
それが基準になりますね…、要はどちらが、自分にとってしっくり来るかだと思います。

 

手帳・カレンダー

来年自分が使う手帳で、週の始めの曜日を合わせる。
こんなことも大きな要因だと思います。

 

《ほぼ日手帳》

日曜始まりか月曜始まりを選ぶことが出来ますね。
そう言う点でも優れた手帳ですね。
私も今年まではこの手帳を使っていました。

ほぼ日手帳 2015

《美崎栄一郎 「結果を出す人」のビジネス手帳》

美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳2015

Sponsored Link