友人が出演した舞台を観てきました。群像劇、文句なく惹きこまれました。[トリガーライン 第11回劇場公演『NO MOON,NO SUN』]

Sponsored Link

友人が出演した舞台を観てきました。群像劇、文句なく惹きこまれました。[トリガーライン 第11回劇場公演『NO MOON,NO SUN』]

プロブロガーの立花岳志さんが主催している、ワークショップやセミナーを通じて知り合った友人。
大迫健司さんが出演される舞台を観させていただきました。

トリガーライン 第11回劇場公演『NO MOON,NO SUN』

 

面白い群像劇。

イギリスのダイアナ妃の事件がモチーフとした、群像劇です・・・。
登場人物が、裏側でつながっていたり、敵対していたり…、後半になるほどその関係が出てきます。
ラブストーリーとしての要素もあり…、良く書かれた本(戯曲)だなぁ…と感心してしまいまいた。
主役のモデルの顔を、実際テレビ等で見てるので…、それにダブってしまうところもあり、惹きこまれる舞台になっていました。
o0480055413049627086

 

劇場の面白さ…。

小さな舞台。

真ん中に舞台があり、その前後を客席で挟むような感じになってました…。
こう言う舞台は初めてでしたので、こう言う舞台があるのか…。
素敵な劇場でした…。
客席は100前後と言った小さな舞台でした。

でもこのくらいの方が、役者さんの息づかいまで見れる。
そんな利点があります…、それも魅力ですね…。
イメージ

暗転と音で臨場感UP。

場面転換などに暗転を使います…。
基本的なことだと思いますが、ズブの素人には…面白いものです。
舞台に立ったこともなければ、観たこともあまりないので、( ^ω^)おっ、と言った感じです。
最前列で観てましたので…舞台の床に蛍光テープが貼られていたのも見えました。
役者のみなさん、こんな暗闇で配置につく…大変だなと思いました。

 

相対する客席の様子…。

ライトが点いてると、反対側のお客さんの様子も見ることができます。
中には…眠ってる人も…(。-ω-)zzz. . . (。゚ω゚) ハッ!、こんな方もいました。

若い方は真剣に見入ってました。
トリガーラインさんのファンなのか?、ご自分も演劇を志している方なのか?
真剣に…舞台に向かっていました。

そんなお客さんの姿を見るのも…面白い!。
この劇場の魅力の一つです。

 

 

複数回観るのも…お薦めです。

映画は完成された作品なので、感じ方は見る側の調子に左右される要素のほうが大きいです。

舞台は逆だな…と感じました。
演じる側の調子で、違った感じになる要素が大きいと思いました。
舞台は生モノ…そんな思いを強くしました。

出来るならば、複数回、観劇するのが…良いですね…。

 

今回の劇場[中野MOMO]

今回お邪魔したのは…、中野にある、MOMOさんに。

ナビ

map中野駅南口、改札を出て右へ。

まっすぐの信号を渡って左へ。
少し行ったところにある、クスリの龍生堂の角を右へ、細道に入ります。

(RENGA ZAKA)、上を見ると…、こんな感じなのがあります。
IMG_0332
細道の終わり、TSUTAYAのある角を左へ。
少し進んで、たばこ屋さん「中屋米店」の角を右へ。
IMG_0333


前方に見えるセブンイレブンの手前、斜め左へ進む道へ入ります。
(酔い処 みためさんの看板の方へ)。
IMG_0336イメージ


少し進んだところ、右手にある100円ローソンの先に劇場が数件まとまってる区画があります。
イメージ


一番奥の劇場が会場のMOMOです。
IMG_0340
※ 中野駅南口から、徒歩で約10分ほどで着きます。

10/13まで公演。

10/13まで公演が続きます。

面白い舞台でした…、関係者のみなさまありがとうございました。
大迫さん、また公演があったら教えてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link