私が考えた、同じ講座を何度も受講する4つの意味。#nsl32

Sponsored Link

私が考えた、同じ講座を何度も受講する4つの意味。#nsl32

私は、仲間内では有名な部分があります。
何かと言うと…、同じセミナー、ワークショップに複数回参加することです。
なぜ?…。

そのことを聞かれる事が多いので、それにお答えさせていただこうと考えました。

複数回、参加したセミナーetc。

人生を劇的に変えるワークショップ

まだまだ変わる途中!!。 | The Book of Three Rings(三輪書)

自分が変わったと感じられた2日間…至福の時。 | The Book of Three Rings(三輪書)

5期「人生を劇的に変える!超実践 3days ワークショップ」に参加して自分でやると決めた4つの事! | The Book of Three Rings(三輪書)

ものくろキャンプ

ものくろキャンプ、親指シフトが少し近づいた日。 | The Book of Three Rings(三輪書)

一日中ものくろキャンプに参加させてもらいました。ものくろ漬けと言う漬物になりました(*^-^)ニコ。 | The Book of Three Rings(三輪書)

ものくろキャンプ(親指シフト)に参加させていただきました、現在では親指シフトを学べる唯一のセミナーだと思います。 | The Book of Three Rings(三輪書)

立花岳志さん、ブログ合宿。

立花岳志さんの『3days ブログ合宿セミナー in 三浦海岸』に参加中、ブログを磨きあげる3日間が始まります。#nsl25 | The Book of Three Rings(三輪書)

明日からブログ合宿に参加します。[No Second Life 3daysブログ合宿セミナー in 三浦海岸 ] | The Book of Three Rings(三輪書)

おおよそ、立花岳志さん、大東信仁さんのセミナーには複数回参加させていただいています。
これが、周りから見れば奇異に見えるようです。

なぜ…同じ講座を複数回受講するのか?

なぜそんなに?…。
そんな問いの答えを書いてみたいと思います。

1、一回受ただけで、身についたとは思えない。

そんな問いをする人に、逆に私は質問したい。
「あなたは一回の講義で、教わったことが身についていると思いますか?」
分からないから、また受講する…。
至極簡単なことだと思います。
分かったふり、身についたふりをするなら、再受講をしたほうが効率的だと思っています。
これが第一の理由です。

2,一回では頭に入ってこない‥。

これは、年齢的なこともあるかと思います。
54歳の頭には…すぐには分かることはありません。そして、そのことを身につけたいと強く思うので再受講を選びました。
私は…そんなに頭が良いとは思えないので…。
それを実行しているだけなのです。

3,残り時間

ここに集う人たちに比べて、私は一世代、または二世代上になります。
単純に考えて、残った時間は…、他の皆さんよりも少ないには当たりまえです。そのことを考えても、分からないことは…再受講すべきだと考えています。
それが自分なりに考えた答えなんです…。
それを…実行しているだけなんです。

4,受講するセミナーも進化を遂げる。

セミナーやワークショプは演劇の舞台に似ています。
セミナー、ワークショップの内容もその都度進化しています。
そう言った意味でも、同じセミナーでも新しいことを学ぶことはできます。

新しいことが身につかなければ…、再受講する。
それの繰り返しでこうなりました。
普通の考えだと思っています。

まとめ…。

再受講をすることは、同じ本を何回も読むことと同じことです。
周りが奇異に感じることが、私には奇異に思えます。

必要なことなら、何度でも受講することを強くお薦めします。
そこまでの執念は…必要だと思います。

五十路の習い事は…しつこいのです((⌯˃̶᷄₎₃₍˂̶᷄ ॣ))。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

《お薦めのセミナーをする方の関連サイト》

あくまで私のお薦めです…。
みなさんはみなさんの価値基準で選んでください。

Sponsored Link