自分の精神状態が低いときに何をしがちなのか?。これを知ることが自分を俯瞰で見る第一歩。[デブサイコロジー]

Sponsored Link

自分の精神状態が低いときに何をしがちなのか?。これを知ることが自分を俯瞰で見る第一歩。[デブサイコロジー]

精神状態の未熟、精神状態が低い時(不健全)に、エニアグラムでは、「ステートが低い」と表現します。

自分を俯瞰に見る…、このことに重要なことのひとつは、自分のステートが低い(不健全)な時にどんな事をしがちなのかを理解することだと思います。

自分の精神的に不健全の状態では、自分は何をしがちなのか?。
私の場合で見てみましょう…。
debupsychology

 

 

 

私がステートが低い時にやりがちなこと。

1,自己開示が少なくなります。

精神状態が低い(不健全)時に、私は自己開示が少なくなります。
自己開示したくなくなる、と言ったほうが正しいですね。

自己開示と言うと堅苦しいかもしれませんが簡単に言うと、ネットのライフログを公開する、とかSNSを見なくなるとかです。

自己開示が少ないと言う時は、自己探求もな少ない状態です。

 

2,批判的な思いに捕らわれがちになる。

何事も批判的な思いに捕らわれがちになります。
言葉を変えると、他責の考え方に傾きがちになります。

「何やってんだ!」「あいつのせいだ!」なんて言う思いがあるときは、「あ〜、ステートが落ちてるなぁ…」なんて考えています。

3,高圧的な言葉使いをしてしまう。

他人に命令するような感じで話すときがあります。
無意識なんですが…。
ぞの時は気づかないのですが、後から失敗したなと思うときがあります。

知らず知らずのうちに高圧的になってる、そんな時はステートが落ちてるな、と感じています。

 

まとめ。

俯瞰で自分を見ると言うことは、自分が状況によってどうなるのか?
そのことを自分で理解していないと、無理ですね。
良いときも悪いときも自分なんだ…。
その事が充分理解することだと思います。

その事を知るために、エニアグラムが役に立ちます。
まだまだ理解を深めたいと思います。

あなたは精神が不健全な時、何をしがちですか?
それを…知っていますか?
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

《参考》

エニアグラムの本を紹介します。

エニアグラム―あなたを知る9つのタイプ 基礎編 (海外シリーズ)
ドン・リチャード リソ ラス ハドソン
角川書店
売り上げランキング: 64,218
エニアグラム 自分のことが分かる本
ティム・マクリーン 高岡 よし子
マガジンハウス
売り上げランキング: 21,125

Sponsored Link