作家・山口拓朗さんのセミナーに参加してきました。書く前の準備、心構えを教わりました。自分の甘さも痛感しました。

Sponsored Link

作家・山口拓朗さんのセミナーに参加してきました。書く前の準備、心構えを教わりました。自分の甘さも痛感しました。

12/7(日)、文章術で数冊の著書がある、山口拓朗さんのセミナーに参加させていただきました。
文章を書くことについて、ものすごく役に立つセミナーでしたので紹介します。
IMG_2281

文章講師 山口拓朗主宰 伝える力【話す・書く】研究所

読み手本位。

読み手が欲しいことを書く。
相手が興味持つように書く。
誰よりも分かりやすく書く。
忘れがちですが、これがキモだなと改めて実感できました。
少しずつ考えて書いているつもりですが、まだまだだなと思いました。
自分の書きたい事は、相手が読みたいことなのか?。
このことを考えてしまいました。
よく、ブロガーは何でもあり。
こんな記事を見かけますが…、❝読み手本位❞…、この事を忘れてひとりよがりのブログになりがちになる。
私もその傾向がありますので、肝に銘じておこうと思いました。

書く前の準備。

5つのポイントを教わりました。
プロでやってる人はさすがだ…!。

意識はあっても…自分はまだ甘いと感じました。

キャッチコピー…。

私にとって、身近はキャッチコピーと言えば、
ブログのタイトルと、Facebookの一行目ですね。
これで、読んでいただけるかどうかが決まる。
この事は痛感しています。
普段から、キャッチコピーをつくる習慣が必要だなと思いました。

すべての文章の裏に質問がる。

この言葉は心に残りました。

5W3Hを使って質問する。

質問では、5W3Hを使うと教えていただきました。
言われてみれば、その通りです。
そこまで質問しているか?、と聞かれれば…???でした。

pt044-04

なぜマニア

文章は自問自答の連続!。
確かに、文章を書く時は、自問自答しています。
自問自答が浅いと浅い文章になる。
確かにその通りです、自問自答を深める…。

これから、トライしてみます。

読み手の気持ちになった自問、これにまず意識を持って書いていきます。

まとめ。

ブログを書き始めてから、2度目の年を越します。
やっと、ブログの体裁が少しできてきた、そんな感じです。来年は…文章術に少し力を入れていきたい。
そう思ってた時にこの講座を受けることができたのはありがたかったです。
いろいろな点を意識して、文章として読んでいただけるようにしたいと思いました。

山口拓朗さん、良い講義をありがとうございました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

山口拓朗さんの著書&動画

買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則 (アスカビジネス)
山口 拓朗
明日香出版社
売り上げランキング: 2,314
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 (Asuka business & language book)
山口 拓朗
明日香出版社
売り上げランキング: 4,026

Sponsored Link