年次計画①(第一案)を作成しました。来年の行動計画、まだまだ練りこまないといけません。

Sponsored Link

年次計画①(第一案)を作成しました。来年の行動計画、まだまだ練りこまないといけません。

来年の年次計画を作りました。
Excelシートで作りました。

具体的に思い浮かぶ部分と、思い浮かばない部分に分かれます。
具体的に思い浮かぶ部分はが、あなたが今注目しているところと言えますね。
※ クリックすると大きな画面になります。
スクリーンショット_2014-12-10_21_54_36

年次計画の効果。

自分が今何を思っているのかが分かる。

まずは作り始めましょう。
今回は自分の心の洗い出し…、これが大きな目的です。
特に思い入れが強いところは色を変えてみます。
文章になっていますが…、最終的にはこれを箇条書きにします。
自分が何を望んでいるのかを実感するのが、一番の目的です。
形にならなくても良いから書き出してみるにが大事だと思います。

月次、週次への落とし込み。

月次、週次への落とし込みが楽になります。
本来は5カ年計画⇒年次計画⇒月次⇒週次⇒タスクに落とし込み。
この順番です。
明日、五カ年計画を立てます。その内容によっては微調整をします。
まずは…やってみましょう。

浮かばない時はどうする?。

ひとまず、開けて空欄にしておきます。
テストではありませんが、埋めることができるとこを最初に記入していきます。
その部分は、普段からあなたが意識している事になると思います。
私はそこから派生して考えて、その考えをその部分に当てはめていきます。
私は仕事の部分と財産の部分がLinkしがちですが、気にせずにやっていきます。

 

最終的には…。

長期計画⇒中期計画⇒短期計画、の流れになっていけばOK!。
経験的に出来なければ、年次計画だけでも作りましょう…。
今回は、5カ年計画からの…落とし込みだけはやってみたいと思っています。

 

まとめ。

本来はレビューの後ですが…、この時期には感覚的なレビューはもうできますよね。
感覚的にこれはできた、これはできなかった。
これでも充分基になります。
来年はブログUP数、月間100記事を入れました。
他人の目を気にせずにやるのが良いと思います。
私がどんな風につくるか、はブログで書いていきたいと思います。

初めてやる方は…どんな形でも良いですから…トライしてみましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

参考書籍。

クラウド版 デッドライン仕事術
吉越 浩一郎 立花 岳志
東洋経済新報社
売り上げランキング: 17,917
ノマドワーカーという生き方
立花 岳志
東洋経済新報社
売り上げランキング: 52,026

Sponsored Link