年末の定番…、❝BOOK OFFの宅本便❞は、本の断捨離の最大武器ですね。

年末の定番…、❝BOOK OFFの宅本便❞は、本の断捨離の最大武器ですね。

Sponsored Link

年末の恒例行事…。
本の断捨離をやりました…。
本を買取サービスに出すだけですが(^^ゞ。

古本の買取サービスもいろいろなサービスがあります。
スクリーンショット 2014-12-19 16.25.45で検索すると…たくさんのサービスが出てきます。
どのサービスが良いか比較サイトもあります、参考にしてください。

今回は、BOOK OFFのやりかたを紹介します。

BOOK OFF 宅本便。

BOOK OFFの宅本便のサービスです。
使うためには、BOOK OFFOnlineの会員に新規登録をします。
メールアドレスとパスワードを設定するだけですので、数分で完了します。
スクリーンショット_2014-12-19_16_42_40

 

 

宅本便の申し込み。

黄色い宅本便のボタンをクリックします。
スクリーンショット_2014-12-19_16_42_40サイトに移動しますので、内容を良く確認します。
そんなに難しい条件ではありませんので、おおよその本は買い取りしてもらうことができます。

買い取りの申し込みのページに、日時、個人情報、振込先の口座などを入力します。
スクリーンショット_2014-12-19_16_54_25

 

買取確認票。

入力が終わると、買取確認票が出てきます。
それを、梱包した段ボールの数だけ、プリントアウトして、署名を入れます。

その確認票を1箱に1枚入れます。IMG_2617

梱包してお終い。

これで、梱包してお終いです。
佐川急便のドライバーが、集荷の時に伝票を持ってきますので、その点は何もやることはありません。
IMG_2618

段ボール。

一般の段ボールでも集荷してくれます。
段ボールのサイズとか、細かいことが嫌な人。
そもそも段ボールが用意出来ない人、専用の段ボールもお薦めです。
一箱200円です。

私は、年にだいたい5箱くらい出すので、来年の分として、段ボールを頼んでいます。

まとめ。

本は大事ですが…、雑誌や読まなくなった本など、無駄にゴミに出すならこのようなサービスを使って誰かの役に立つ事は良いことだと思います。自分の気持ちもすっきりしますので、毎年もしくは定期的bな行事として実施することをお薦めします。
これで、年末のやることがひとつ終わりました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Sponsored Link