“コミックで分かる アドラー心理学”コミックで読みやすい、アドラー心理学の入り口としてはベストな本です!。[書評]2015年3冊目

Sponsored Link

“コミックで分かる アドラー心理学”コミックで読みやすい、アドラー心理学の入り口としてはベストな本です!。[書評]2015年3冊目

向後千春さん監修の「コミックで分かる アドラー心理学」を読了しました。
最近のマイブームでもあるアドラー心理学、そんななかでは異色のコミック本ですが、良い本でしたので紹介したいと思います。

コミック本の力。

コミックでのHow To本は昔からたくさんありました。
私も興味のあることこの分野の本は買っていました。コミック本で、葉隠れ、マキャベリズム、菜根譚などを読んでいました。
分かりやすい、エッセンスが凝縮されていて、読み始めるには容易などの効果があります。
どんな分野の本でも、入り口には最適な媒体だと思います。
この本もコミック本の力が発揮された本です。
メリットとしては、
  1. アドラー心理学の「基本」が1冊でわかる!。
  2. 仕事・人間関係・子育てに「明日から」使える!
  3. 解説と用語集で「もっと知りたい」知識が得られる!

帯にかかれています、まさにその通りな本です。

人間関係が人生の悩みのすべて。

人間として生きていく以上、必ず人と関って生きていきます。
ここから逃げることは誰にもできない。
人は傷つかないまま、人を傷つけないまま、生きることはできない。
この部分を、何かに逃げることはできないと言うことですね。

人は都合のよいように世の中を見て“今の自分”への不満を
何かのせいにしたがっている「仕方がない」と思いたいからだ…。

アドラーの言葉

 

劣等感。

劣等感とは、客観的な自分の劣等性を確認したときの感覚。
と、この本に書かれています。
向上したいと思いは、必ず劣等感も発生します。
そのことは誰にでも劣等感がると言うことです。

劣等感を克服する一番は「誰かの役に立つこと」
相手に勝ろうとして、失敗すると敗北。
勝ったとしても…新たな劣等感にさいなまれる。

誰か(共同体)の役に立とうとしての失敗は、努力のワンステップになる。
勇気を持って挑戦した証になる。

この差は大きいですね。

心が動いた言葉。

この本を読んで、心が動いたところを書いてみます。
自分にも当てはまるし、その通りだなと思える点をランダムに書いてみます。

  • 人は「世界は〜〜だ」という自説を強化したがっている。
  • 「できない」は「やりたくない」だけ。
  • トラウマを使って自分を欺く。
  • 人が進歩するのは劣等感を克服しようと思うから、
    いつも戦ってばかりいたら疲れちゃう。
    たまにはサボっても良い。
  • 人はだれしも無意識に何かを達成しようとして行動を選択する生き物。

 

まとめ。

この本で、アドラー心理学の基礎の基礎が学べます。
コミックの力で、読みやすく…通勤時間でも充分に読めます。

すべてのことは、自分の考え方で変わる。
究極の自責の考え方だと思ってます。

悩んでる方には…大きな励ましになると思います。
そして、そんな方にこそ読んでいただきたい本の1冊だと思いました。

そんな方はぜひご一読をお薦めします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

アドラー心理学の本。

マンガでやさしくわかるアドラー心理学
岩井 俊憲
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 168
マンガでやさしくわかるアドラー心理学 2 実践編
岩井 俊憲
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 235
マンガで分かる心療内科  アドラー心理学編 (ヤングキング・コミックス)
ゆうきゆう・原作 ソウ・作画
少年画報社 (2014-11-25)
まんがで身につく アドラー 明日を変える心理学 (Business Comic Series)
鈴木 義也
あさ出版
売り上げランキング: 230
アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉
小倉 広
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 799
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 古賀 史健
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 7

 

Sponsored Link