私がカン違いした、スパイラルアップを妨げる考え方。[自己実現]

私がカン違いした、スパイラルアップを妨げる考え方。[自己実現]

Sponsored Link

自分をスパイラルアップしたいとは、誰しも思います。

spiral

自分が思い描いたスパイラルを回転させようと、色々な習慣化に取り組んできました。
その時に…大事だなと思ったのが、キータスク(鍵になるタスク)でした。

 

キータスク(鍵になるタスク)。

私は、最初、こんなスパイラルを描いていました。

2128この場合は、
❝早起き❞がキータスクになると考えて、それが出来ないとスパイラルが回らないと考えました。

つまり、早起きが出来ないと他の事も出来ない。
こうカン違いをしました。

実際は、なかなか早起き習慣が身につかずに、思い描いた事はすべて出来ませんでした。
ものの見事な崩壊でした。
随分長い期間、このキータスクにこだわっていました。

 

負のスパイラルになってしまった。

キータスクにこだわりすぎて、何も出来ない。
こんな状態になっていきました。

長い期間、この状態が続くと…負のスパイラルに陥ってきました。
出来ない出来ない、と言う自己否定感でいっぱいになってきました。

いろいろと試行錯誤しましたが、それでもキータスクにこだわっていましたので、いつも同じ結果、何回か崩壊しました。
そんな負のスパイラルに長いこと陥ってしまいました。

何とかしないと…焦れば焦るほど、負のスパイラルにのみ込まれて行きました。
そこから抜け出すキッカケは、単純なことでした。

 

出来るところから始める。

キータスクなんて無いのでは?、
そんな思いがフッとよぎってきて、そこから考えてみました。

出来るところから始める…。
キータスクなんて無い!。
出来るところから、スパイラルを回せば良い。

このことに気づくまで長い時間がかかりました。

それからは、完全に出来たわけではありませんが、一部は出来るようになりました。
少なくても自己否定感からは開放されました。

 

結論…。

キータスクはありますが、そんなに重要ではありません。

押してもダメなら、引いてみな!。
ではありませんが、どのタスクからでもスパイラルを回すことは出来る!。
それが結論だと気づきました。

もし、私とおなじように考えて悩んでるかたがいましたら、まず出来るところから始めてみてはいかがですか。
そんなアドバイスを送りたいなと思っています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

参考になる本。

クラウド版 デッドライン仕事術
東洋経済新報社 (2014-11-28)
売り上げランキング: 1,331
自分を受け入れた瞬間、何かが起こる!  「引き寄せスパイラル」の法則
奥平亜美衣
大和出版
売り上げランキング: 895

 

Sponsored Link