ツナゲルアカデミー第4講・小倉広さんをお迎えしてのアドラー心理学のお話しに、良い意味で心がざわめきました。

ツナゲルアカデミー第4講・小倉広さんをお迎えしてのアドラー心理学のお話しに、良い意味で心がざわめきました。

Sponsored Link

2015年1月17日、プロブロガーで作家の立花岳志さん、
作曲家でセラピストの大塚彩子さんご夫妻が主催されている,
ツナゲルアカデミーの第4講の講義があり、私も参加させていただきました。

こちらの写真は立花岳志さんのFacebookページよりお借りしました、
ありがとうございます。
10730970_786372974771045_7153540692332370481_n

 

生まれて初めてのLightning Talk。

今回、Lightning Talkを初めて体験させていただきました。

立花さん彩さんの講義内容とダブってしまい、焦りましたが何とか終わらせることができました。
お聞きくださったみなさま、ありがとうございました。
貴重な体験でした…。

1503420_587859131350810_2967708710484534978_n

 

小倉広さんのお話し。

本日、特別講師としてお越しいただいた、小倉広さんのお話しをうかがいました。
IMG_3335

小倉広オフィシャルWebサイト | 経営コンサルタント、ビジネス書作家、人間塾・塾長

認知

どんな事も、できごとがあってすべてがあるのではなく、その間に認知がある。
⇒ 認知のしかたで、ずべてが決まってしまう。

※どのように認知するかが大事!

自己決定性

すべて自分が決めたことである。

今の自分をつくったのは自分、その自分を変えることことも自分。

※変わると決めるのも自分、そこから始まる。

見せかけの因果律

なんの因果関係もないところに、あたかも重大な因果関係があるかのように自らを説明し、納得させてしまうこと。

この事は私も多く使ってしまっています。
みなさんもそうではないでしょうか?。
このお話しを聞きながら、変われない大きな理由のひとつになっていると、自分を反省しました。

対人関係論

人(自分)の行動は必ず目的がある。
〜〜な人は、〜〜に見られたい人。

目的論

あらゆる行動には目的があって、〜〜を作り出す。
感情は自分で作って利用する…。

⇒目的が変われば心が変わる。

課題の分離。

それは誰の問題なのか?、が重要。
他人の問題(課題)にズカズカと踏み込んではならない。
境界線が無いとうまくいかなくなる。

これは以前、自分も、男女間で経験があります。
彼女が機嫌悪いのは、彼女の問題。
そこにズカズカと踏み込む事ってありました。

なるほど…、そんな思いであふれてきました。

疑問も残る。

❝神責❞と呼べば良いのでしょうか?。
運命的なこと、例えば障害を持って生まれるとか、
不慮の事故に巻き込まれる、
などの対処はどうなるのか?。

受け止め方の範疇では難しいことがあるのでは…?。
そんな疑問が残りました。

この事は自分で答えを捜してみよう…、そんな風に考えました。

小倉さん、すてきな講義をありがとうございました。

立花さん、彩さん、そして参加した仲間に感謝です、またお会いしましょう!。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

小倉広さんの著書。

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉
小倉 広
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 647
アドラーに学ぶ部下育成の心理学
小倉 広
日経BP社
売り上げランキング: 1,643
折れない自分のつくり方

折れない自分のつくり方

posted with amazlet at 15.01.17
小倉広
フォレスト出版
売り上げランキング: 40,583

Sponsored Link