セラピー、カウセリングは複数回受けた方が良いと思う大きな理由。[デブサイコロジー]

セラピー、カウセリングは複数回受けた方が良いと思う大きな理由。[デブサイコロジー]

Sponsored Link

私は、つい最近まではセラピーなどを受けたことはありませんでした。

むしろ疑いの目を持っていたタイプでした。

そんな私が…色々なご縁で心の事を勉強し始めて、
色々なお話しを聞く機会をいただき、
自分ももしかしたら持って生まれた❝心の刺❞みたいな物があるのでは?、
こんな考えになりまして…、2014年セラピーを受けました。

self_img_02

その時の様子をブログに書かせていただきました。

人の心は縄のように…。

❝その人の前進をはばむ、幼い頃の間違った対処法の記憶❞
心の刺、ビリーフを私はこう捉えています。

教えを受けていて今でもお世話になっている、大塚彩子さんに教えていただいた言葉に、「人の心は縄のようによじれています、ビリーフは一本の縄の繊維みたいな物です。」と言う言葉です。

DSC00275

実は私の大きな疑問が、「人の❝心の棘=ビリーフ❞は単純では無いのではないか?」、という事でした。
一回のセッションで、気持ちがスッキリします。
それは、一番大きなビリーフが解けたのだと思います。

一本の縄の繊維がほどけても…また別の繊維が出てきて、ビリーフになります。
そう言った場合は多いのでは?、そんな疑問でした。

大塚さんに聞いたら、その通りとのことでした。
生きていく限りビリーフはあるとの答えでした。
「ビリーフが無くなるとどうなるのですか?」と尋ねたら、
「悟りの境地では無いでしょうか」と答えていただきました。

※ ビリーフが一本解けても、ビリーフは無数にある…。

別のビリーフが作動する時。

セッションを受けて、気持ちが晴れても…。
まだまだ、別のビリーフがあるのでは?。
そんな事を思う時期が来ると思います。

実際、今の私がそんな思いに囚われています。

それは、私だけではないと思います。
そんな風に感じた時は…、また改にセッションを受けた方が良いなと、
最近感じています。

 

私はこう思う。

自分の心を安寧に過ごすためには、やはりセッション、カウセリングは必要なときに複数回受けるのが良いと思います。
人間の心は…奥深いです。
そう考えると、状況が許せば、セッションやカウセリングは複数回受けた方が良いなと実感しています。

私はお世話になっているセラピストさんに、2月にセッションを申し込もうと計画しています。

みなさんも…信頼できるセラピストさん、カウンセラーさんにセラピーを受けてみませんか?。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

お世話になってるセラピストさん。

 

Sponsored Link