睡眠の考え方を、超ワガママにしてみました。起床時間よりも8時間睡眠を大事に、けっこう上手くいっています。

睡眠の考え方を、超ワガママにしてみました。起床時間よりも8時間睡眠を大事に、けっこう上手くいっています。

Sponsored Link

睡眠については、いろいろ苦労してきました。

うまく言った時も、いかなかった時もありました。
自分ではなかなか思うようにはいってないのが実情です。

発想を変えてみました。

就寝時間、起床時間…いろいろと考えてきました。
起床時間にこだわって…寝不足だろうがなんだろうが…起きることをやってみたり、
就寝時間にこだわって…結局…気にすると寝れずに…。

ある気づき…。

就寝時間や起床時間を気にするのは…、睡眠時間を確保するため。
そんな事を気づかずに…、起床時間や就寝時間にこだわってきました。
そんな時に、気づきが…。
自分が早起きできないと…誰かに迷惑をかけるのか?。
そんな割合は少ないなと思いました。
ならば…健康のために睡眠時間をこだわったほうが良いなと感じました。
睡眠時間にこだわり、質にこだわっていこうと考えを変えてきました。
早起きのついては、あまりこだわらないようにしました。

少しずつ朝型に…。

それでも、少しずつ朝型に移行しています。
最初の頃(1年半前)に比べたら…少しずつですが朝型になっています。

まずは睡眠時間にこだわり、睡眠にこだわる。
この意識は出来てきたと思っています。
起床時間のこだわりを手放したら…、朝起きれるようになった。
睡眠時間のこだわり…、寝不足の場合は昼寝もありだなと、最近はそう考えています。

私はこう思っています。

このやりかたは…わたしだけに通用する部分が多いのも事実です。
視点を変えて、物を見てみると解決策が。
最近、自分がやってはいけない事と思っている事は、本当にそうなのだろうか?。
こう考えることが多いです…。

早起きもそのひとつでした。
「早起きするべきである!」…、
これって本当なのだろうか?
人との約束がある時とか、対外的な約束などは、きちんとしなければいけません。

その事を考慮しながら…睡眠時間にフォーカスして…、健康的な睡眠を目指す。
ここのことを前提にして…少しずつ…自分の思い通りの生活にしていこうと思います。

参考になる情報。

睡眠の科学―なぜ眠るのかなぜ目覚めるのか (ブルーバックス)
櫻井 武
講談社
売り上げランキング: 7,004
8時間睡眠のウソ。 日本人の眠り、8つの新常識
川端 裕人 三島 和夫
日経BP社
売り上げランキング: 28,019
朝昼夕3つのことを心がければOK!  あなたの人生を変える睡眠の法則
菅原洋平
自由国民社
売り上げランキング: 7,130

Sponsored Link