心屋仁之助さん著、❝なんか知らんけど人生がうまくいく話❞、自分を許せば、パッカーンと人生が開ける。

Sponsored Link

心屋仁之助さん著、❝なんか知らんけど人生がうまくいく話❞、自分を許せば、パッカーンと人生が開ける。

累計100万部を達成した、心屋仁之助さんの新刊、

❝なんか知らんけど人生がうまくいく話❞を読了しました。

副題にある「がんばる教」から「なんか知らんけど教」に…とあります。

この事を読みたくて、思わず書店で手にとっていました。

許すとは‥損をする覚悟。

他人の迷惑をこうむるとは…、その人から何らかの損害を受けた時の事。

そんな他人を許すとは、他人からの損害を…こうむったままで良いと言う事、

そんな覚悟ができること、

つまり自分が損したままでも良いと言う覚悟ができたことを、

許す…と表現します。

相手を許すことは、自分を許すこと…。

相手に腹がたつことは、実は、

そんな相手に何も言えなかった、自分に腹がたつこと。

夫婦は不機嫌になる権利を尊重し合おう。

相手が機嫌悪い時は…そっとしておいてあげてください。

相手だって…不機嫌でいる権利があります。

そんな時は…だまって不機嫌でいさせていてあげてください。

ちゃんと感じる権利…、これは大事!。

腹を立てる時は…勝手に腹を立ててるだけ、

最良は「放置」…。

 

そもそも愛されてる

これ、大前提!。

そもそも愛されてるから…、相手に頼る、助けてもらう、それで良い。

ものわかりの良いふりはしなくて良い、だってそもそも愛されてるのだから。

まとめ。

なんか知らんけどうまくいく…。

がんばれるのをやめる、それで、うまく行く。

なんか知らんけど、うまくいく。

がんばる=成果…これは怪しい!、

がんばるのは、自分が勝手にがんばるだけ。

凝縮された言葉で、人間関係を現した本、面白かった!。

パッカーンと目が覚めた…そんな本。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連サイト…。

 

Sponsored Link