何もかもやりたくない時は、自分そのものを変えろ!、と言う合図ですよきっと。

Sponsored Link

何もかもやりたくない時は、自分そのものを変えろ!、と言う合図ですよきっと。

自分が変わろうと思って、自分なりに努力してきました。

変わってきたところと、変われずにいるところ、両方あります。

 

書く目的を新たに見つける。

ブログを書いていく目的が、弱くなり…、

新たな目的を感じないと、苦痛になってくる。

そう思い始めました。

あれほど、書きたかったブログが…、書かなくても良い!。

そう思うように…。

 

なにもかもが、やりたくない時。

小さな❝やりたくない❞はそれこそ、しょっちゅうでした。

今回のように…心から何もやりたくない…、こういうのは初めてでした。

そんな時はどうしたら…、すべて止めてしまえば良いのでしょうか?。

それでは、それこそ意味がなくなります。

どうすれば良いのか?。

 

自分を変えろ…からの転換。

今までは、「自分の◯◯が悪い、そこを変えよう」。

こんな考えが支配的でした。

自分の周りの環境には無頓着でした。

今回はこれを見ようと思います。

少し、天邪鬼っぽく、へそまがり精神で変えて行こうと思います。

 

身体のこと。

デブ〜〜〜((⌯˃̶᷄₎₃₍˂̶᷄ ॣ))からの脱却…。

これが必要ですね〜。

体のことは…気持ち(心)のことに比べれば…、

置き去り状態ですね…(^^ゞ。

 

新しい種目。

今までと違うのは…、出来なかった種目はやらずに…、

誰もしていない種目を…やってみようと思います。

何をするかはヒ・ミ・ツです。

自分を変えるのではなく、自分の周りを変えます。

自分だけの種目…の方が私に合っています。

 

食事…。

まずは、少ない食事回数を…。

80過ぎまで活躍してらっしゃるかたは…、食事回数が少ないですね。

まずはそこから…、やってみます。

ファスティングの理論…を基本に…ですね。

 

まとめ

こんなことは初めてなのですが、

参ってるなぁ…の基準は、自分を俯瞰に見れていない。

こう感じたら…落ち込み状態ですね。

 

自分を変える=本来の自分の習慣に意識して

まずは自分の行動を変えてみて…、

それでもダメなら…、自分の元の習慣を復活させる。

このどちらかをやってみて…様子を見ます。

何もしたくないなら…、何かしたくなることを探す。

今はそんな風に考えています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

参考

 

一瞬で気持ちを切りかえる!凹まない人の感情整理術 (ナガオカ文庫)
植西 聰
永岡書店
売り上げランキング: 11,392

 

努力する人間になってはいけない―学校と仕事と社会の新人論
芦田宏直
ロゼッタストーン
売り上げランキング: 58,326
「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣
和田 秀樹
大和書房
売り上げランキング: 117,779
心がフッと軽くなるブッダの瞑想 (だいわ文庫)
アルボムッレ・スマナサーラ
大和書房
売り上げランキング: 184,165

Sponsored Link