鬼怒川決壊…、甘く見ていた自分を反省!、こんな機会をくれた友人に感謝!。

Sponsored Link

鬼怒川決壊…、甘く見ていた自分を反省!、こんな機会をくれた友人に感謝!。

記憶に新しい、鬼怒川決壊…。

自分の身内はこの災害には、巻き込まれてはいません。
友人の数人や、家などは…大丈夫と言うことなので…、安心していました。

その後…お友達のFacebookに…、
ご実家が被害に遭われたとの記事を読みました。

すぐにはでなく…数日経ってからの見つけた記事でしたので、物資を送るとかの手助けは何も出来ずに終わりました。

何もできないのは申し訳ないなと思い、役に立つかどうかは分かりませんが、自分で行き、家のことでお役に立てば、
そんな思いで…、一日お手伝いさせていただきました。

場所は、この映像と同じ…茨城県、常総市です。

 

駅前のたくさんのボランティア

9/22、シルバーウィークで天気が回復して汗ばむ日でした。

TX(つくばエクスプレス)の守谷駅について…飛び込んできたのが、
この光景でした。

並んで待っているボランティアさんの行列でした。

IMG_2603-1 IMG_2604
これは市で依頼に応じたみなさんです。
この光景を見ると…日本もまだまだ…なんて捨てたものではない。
そう思いました。

ここから、バスで各地域に分かれていきました。
みなさん、お疲れ様です。

 

床上浸水のダメージの大きさ。

友人のご実家に着いて…、床下を全部晒して…中を乾燥させる?、
その作業をされていました…。
床下の湿気を取り除く作業のようでした。

水没は建築資材や、電化製品には致命的なダメージになりかねないことなんだと初めて実感しました。
今日は床のベニア材を剥がすこともお手伝いさせてもらいました。

災害の時は、義援金を送ったことはありましたが、自分で行ったのは今回が初めて。

考えさせられました、無関心すぎたなと、そう反省しました。

 

外壁の掃除。

どろにまみれた外壁の掃除を最初にやりました。
その時力を発揮したのが…、高圧洗浄機で有名な、

❝ケルヒャー❞、でした。
http://www.karcher.co.jp/jp/Home.htm
ようこそ、ケルヒャー ジャパン ウェブサイトへ|ケルヒャー ジャパン

IMG_2610-1IMG_2613-1 IMG_2619-1

これは絶対に必需品…、自分でも買うことにします…。

余談ですが…亡くなった父が、無くなる直前に買いたがっていた商品。
今回は買います…、おそらく(*^-^)ニコ。

この水圧は…感動しました。

 

ゴミ置き場に驚愕。

近くにあるゴミ置き場(不燃物)は、

IMG_2615-1

この家具類も…水没すてダメになった家具ですね。

ご近所さんで、もしくは町内会で助けあって不燃ゴミを出してるようです。
軽トラックが何回もきていました。

IMG_2608-1

 

 

ライフラインの真の回復を…。

防災無線って言うのでしょうか、こう言うやつ。

SONY DSC
防災無線で「水道水は飲まないでください」との指示が出てました。
トイレや清掃等には使えるのですが…。

まずは飲めるように…、それを願いました。

 

まとめ

自分が災害に対して無関心だったのかが…分かりました。

「元に戻るのは…年内いっぱいかかるだろう。」

元の生活に早くもどれるように…出来る限りのことはしたいと思いました。

貴重な経験をさせていただいた、友人、飯泉賢さんに感謝します。
IMG_2617-1

http://satoshiiizumi.com/heart/
スポーツアロママッサージサロン HEART || 茨城守谷で唯一のお店
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

関連サイト

ボランティア問い合わせ

http://joso.vc/
常総市災害ボランティアセンター | 茨城県常総市社協が運営する公式サイト

 

http://tsukuba-vc.com/
つくばボランティアセンター –

http://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/fukushi/chiiki/koshi/chiikifukushigroup/saigaivolunteer.html
茨城県災害ボランティアの募集について/茨城県

Sponsored Link