魂のルーツを求めて③[高野山、奈良] 歩く瞑想&食べる瞑想、いろいろなマインドフルネス!。

Sponsored Link

魂のルーツを求めて③[高野山、奈良] 歩く瞑想&食べる瞑想、いろいろなマインドフルネス!。

高野山に入って二日目の朝(2015年11月7日)。

マインドフルネス…、今、最も注目されている考え方です。
ベトナムの僧侶、ティク・ナット・ハン師が広めた考え方です。

ティク・ナット・ハン マインドフルネスの教え
ティク・ナット・ハン師 2015年4月来日決定!!ノーベル平和賞候補にもなった世界的な仏教僧・精神指導者であり、マインドフルネスの第一人者であるティク・ナット・ハン師の来日が決定しました。

息を吸う、吐く、
このことに意識を集中して、意識を「今・ここ」の自分を感じる…。

こんなやりかたを教わってきました、そしてやってきました。

歩く瞑想

今回のマスターである、伊藤マナさんから教わったのは…、
IMG_1286

「歩く瞑想」です。

歩く瞑想(Walking Meditation)

ゆっくり足を運ぶことに意識を集中しながら瞑想をします。
ゆっくり、ゆっくり…今ここの歩みに集中しながら、歩きます。
それを…続けていきます。

足の歩み、足の運びをただ感じる瞑想でした。

通勤時間にもできる!「歩く瞑想」とは? ティクナットハン師が教える瞑想法
スティーブ・ジョブズ氏、安倍首相、稲森和夫氏などのリーダーはじめ、ビジネスマン、スポーツ選手、セレブなど、禅のブームが巻き起こっている昨今。

私が犯した間違い…。

集中の最大の敵だと思いますが…、生理反応をクリアにしないで、瞑想を始めたことでした。

トイレをクリアにしろ…ってことです。
私は…ただの歩きだと思ってたので、歩きは出来ますが…、瞑想的な歩きとは程遠い状態でした。

何人かの人は歩きながら深い瞑想になってるのがわかりました。

急にガクッとなっている人もいます。
例えれば…電車の中でつり革に立っていて…落ちる寸前の状態…とでも言いましょうか?。
それでも深い状態になっている…、うらやましい人もいました。

後日、自宅に戻ったからやってみました。
その時は深くできました。

あ、こんな感じなんだ!。
素敵な気づきでしたね…。

images

食べる瞑想…。

これも…また、❝ゆっくり❞がキーワードになります。

作ってくれた人、調理してくれた人、一緒にごはんを食べてくれた人のご縁。
そして…天地に対して…の感謝の思いを感じながら、ゆっくり食べます。

口に中にある食べ物を感じながら、ゆっくり噛み締めます…。

私は、なかなか馴染めませんでした。
何回か体験すると…、自分の心に❝貪り❞があると実感しました。

貪り…、確かにあるなと、腑に落ちました。

食べ方=在り方…これも感じることもできました。

 

五感の偈(ごかんのげ)

五観の偈。
詳しい事を調べてみました↓。

私は今回、現代語訳をいたきました。
IMG_1247※ 自己反省と自分を支えている他者への感謝…、心におちます。

IMG_1248

私はこう思いました。

マインドフルネスは…一つのやりかたではない。
そのことを思いました。
このことを考えて、実践したなら…。
24時間、マインドフルネスが出来るな‥。
そこまでは行かないですが…、一日のうちに数分はマインドフルネスの状態でいることから始めてみます。

高野山で感じたこと…大事にしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次の高野山へ…。

今回の旅の…マスター…、伊藤ヒロさん、マナさんが次の予定を組まれました…。
そのことを紹介させていただきます。
私も…参加します。
今回、カトリックの方も参加しています。
宗教にかかわらず…人間の本質…それを見れる機会を持っていただくことを…、
是非!…お薦めします…。

伊藤マナ 第5回伊藤マナの高野山リトリート
シータヒーリング クリスタルボウル 夢実現ナビゲーター、セラピスト育成 Heart Cration (合) シータヒーリング講師 クリスタルボウル演奏家 アロマハンドFAB講師 伊藤マナ

参考サイト…。

大地に触れる瞑想―マインドフルネスを生きるための46のメソッド
ティク・ナット・ハン Thich Nhat Hanh
新泉社
売り上げランキング: 37,453
死もなく、怖れもなく―生きる智慧としての仏教
ティクナットハン
春秋社
売り上げランキング: 110,966

Sponsored Link