忘年会と望年会…、忘年会の参加は控えています。義理で出るのはもう止めました。

Sponsored Link

忘年会と望年会…、忘年会の参加は控えています。義理で出るのはもう止めました。

忘年会シーズンまっただ中ですが、いかがお過ごしでしょうか?

つい数日前ですが…、元の元の同僚、
前職ではなく、元職の同僚から忘年会のお誘いが…。

3年前までは参加していましたが…、
今の考え方(自分の気持ち中心に)になってからは、欠席していました。
そのお誘いがまだ来る、ある意味、ありがたいですが、
システムで来るお誘いかな?

❝おつきあい❞での参加は…嫌になってきた。

おつきあい…これは私の中でのキーワードになります。
おつきあいで参加してた時期は長かったですが、もうそんなことをしてる時間は無いな。
そう思うようになってきました。

今年から…おつきあい忘年会は…お断りすることにしました。

今の基準は、楽しいか楽しくないか…になりました、完全に。
日程が埋まってるかどうかが前提ですが…。

今年は、忘年会の回数が。去年の4分の1になりました。

 

忘年会の数が減ったメリット

以前なら…、
忘年会の数で、自分の影響力を量ってた時もありました。

今の私には…意味がありません。
しがらみが無いので…、忘年会につきあいで参加はしたくないのが本音です。
忘年会が減って…メリットだらけです。

心から楽しめる

今年の忘年会は…、楽しみたいから参加する。

今年の忘年会は心から、楽しめます。
楽しいの基準は、

  1. 会いたい人に会える。
  2. 話したい人に会える。
  3. 新しいご縁が結べる。

この3点ですね。

おかげさまで今年は、楽しい忘年会に参加させてもらっています。

 

体調管理が楽!

酒はもともと強くはないので、つきあいで飲む機会が少なければ、
体調管理は楽になります。

今年のこの時期にしては…、二日酔いは一度もありません、ありがたいですね〜。

サイフにやさしい年末。

忘年会の数が減れば…サイフにもやさしい年末になります。

他のことに使えますし…、楽になりますよ〜〜(*^-^)ニコ。

 

まとめ。

忘年会の数を減らしたほうが良い!

そんな事を言ってるつもりではなく、
楽しい忘年会だけ出席しませんか?

これを提案しています。

楽しければ…忘年会は望年会になって、新しい年の活力になります。
そんな宴に出たいと思っています。

忘年会の数にこだわると…良いことはありません。
忘年会の出席回数ではなく、楽しさで出席しませんか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link