よーんさん(大下千恵さん)のコーチング3回目。自己否定が強い私を見ることができました。

Sponsored Link

よーんさん(大下千恵さん)のコーチング3回目。自己否定が強い私を見ることができました。

2015年1月20日(水)、
お世話になっているよーんさんこと、
大下千恵さんからの三回目 のコーチングを受けることができました。

もう一人の自分。

今回は奇妙な感じが、
当然ですが、私とよーんさんで話をさせていただいているのですが。

もう一人の自分がいて、いっしょにコーチングを受けている感じが、リアルに実感できました。

お話の途中でも、
「あれ、私、さっきから自己否定の言葉しか言ってないですよね?」
とか、

よーんさんといっしょに、もう一人に自分も私の話を聴いてもらってる。
そんな感じがリアルに感じられました。
0e6b0459-1そう、なんか奇妙な感覚でした。

価値観のゆらぎ

価値観がゆらいでいると、
一時的に、自己否定が強くなります、
もしくは、自己肯定が低くなっているか。
そのどちらかだと思います。

そこは、よーんさんに、自分が話してることで、
自己否定の強さは分かりました。
出来ないから出来るようにする。
マイナスからの出発が当たり前になっています。
マイナススタートの悪癖は、以前 から感じていました。

出来ることを、さらに出来るようにして、強みに変えていく。
そのことに今、注目しています。

反応が薄くなってきます。
今までの価値観に対する反応が鈍くなってきていました。
他の人の頑張り、自分も昔にやってきたことをFacebookで見ると、
「ふ〜〜ん、凄いなぁ、がんばってるなぁ」
醒めた自分がそこにいました。

巣立ち、「破」の時期

自分で、うすぼんやり考えてた事でもあります。

自分がやりたい事に目が行きます。
そこには、今までのやりたいこととは、風景が変わっていた。
今がその感じですね。

私は頑張っています。
今までとは頑張りの質が変わってきたかもしれませんが。

それはそれで良いと思っています。
巣立ちとは思いませんが、
守破離の「破」のステージに一歩足を踏み入れてきた。

そんな感じを、今日のコーチングで感じてきました。

今日は、よーんさんに心の蛸壺から、蛸を引っ張りだしてもらった。
そんな感じのコーチングでした。

よーんさん、ありがとうございました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連サイト

よーんさん(大下千恵さん)のサイト

テレイドスコープ
視界も視点も行動も自分次第。未来を作るライフコーチングを提供しています。
コーチング、リーダーシップ、法人向けプログラムを提供|CTIジャパン
コーチング、リーダーシップ、法人プログラムを提供するCTIジャパン。国際コーチ連盟(ICF)に世界で初めて認定されたプログラム(ACTP)を提供しているコーチ養成機関です。

 

Sponsored Link