食文化はちょんまげ???

Sponsored Link

食文化はちょんまげ???

父親が福島出身の三輪、先だっての東日本大震災で磐城出身の友達と話してて、
驚きの言葉を投げかけられたので書いてみます。

三輪の亡くなった父親は福島県の猪苗代町の出身なんですが。

s36_map

三輪が子供の頃は良く、夏休みになると…猪苗代に両親に連れて行かれ、
“田舎”と言うと…、ここでした。
今は、大河ドラマでやっている会津地方なんですが…。

仕事の同僚の友人(44才)は磐城の出身で、東日本大震災では、
二軒先の家までは避難区域にされた場所にお母さんが住んでいた、
なんて話をしてたのですが…。

なぜか…食べ物に関しては…話が噛み合いません(.;゚;:д:;゚;.)。

そんな感じを彼も感じ取ったのか、
こんな言葉を投げかけられました。

「三輪さんのお父さんは…会津だから、うちは相馬だから」

つまり、藩が違うから…!
と言う事を言われて…(・_・;)?。

廃藩置県が行われて、140年以上が過ぎてますが…。
今でも食文化では、その名残があるのか?
とびっくりしてしまいました。

山=会津、海=相馬…こんな図式は分かりますが。
自分と同世代、もしくは若い人から言われたのには、
本当にびっくりしました。

確かに、青森でも、旧津軽藩と南部藩では食文化は違うんだと、
テレビでやってましたが…。

食文化の名残は…江戸時代をまだまだ残してるんですね…。

みなさんの住んでる場所では…どうなんでしょう?

Sponsored Link