(メモ=ノート)がなぜ習慣化出来なかったのか?

Sponsored Link

(メモ=ノート)がなぜ習慣化出来なかったのか?

手書きメモをもう少し活用してみる事に。
何故手書きが習慣化出来なかったか、
考えてみました。

あなたの手帳は、文字型? 画像型? 混合型?

恥ずかしいですが、4年前の自分の手帳なんですが…。
IMG_3063

世間のニュース(このページでは、イチローの2,000本安打の事が)
将来、こうなりたい(希望)
自分のその日の飲み食い
買った物(本…etc)
プライベートな出来事
仕事の行事、出来事

こんな事柄を全部、画像で記録していました。
強いて名付ければ“画像型”ですね。
日々のアルバム的に使っていました。

こちらはネットから拝借した手帳の画像ですが、
20120917163406

素晴らしい手帳の数々ですが、
文字通り“文字型”ですね…。

こちらもネットから拝借した手帳の画像ですが、
595475d8c14575e607dfc09d79d71e45

こちらは文字と画像をバランス良く書かれています。
強いて名付ければ“混合型”でしょうか…。

自分勝手な思い込みですが、
写真型と混合型はメモよりかはデータベースとしての使い方の方が。
文字型はやはりメモとしては王道だなと思います。

なぜ、文字型(手書き派)が身につかなかった?

※ あくまで三輪が失敗した理由

1,字が汚い

 これが一番大きな要素だと思うのですが…。
 ここで言う汚い字と言うのは、書いた本人でも読めないような字と言う事です。
 後で読み返すと、何を書いたのか、書いた本人でも分からない。
 

2,メモをとる目的がはっきりしてない

 何をメモするか体系化と言いますか、
 何のためにメモをとるか、目的がはっきりしていなかった。
 記録するために、記録する、そんなスパイラルに陥ってた。
 記録した事を次につなげる術が無かった

3,自分に合うやり方を見つけられなかった。

 自分の手帳に限界を感じた時に、iPhoneやPCに良いアプリが出て、
 そちらに移行していった。
 色々なやり方の本を見ましたが、自分に合うやりかたが無かった。

4,自分の感性として画像の方がしっくり来た

 “百書きは一見に如かず”造語です(* ̄∇ ̄*)エヘヘ。
 私としては…そんな感じでした。
 心の中は画像に出来ない、それを表すのは“文字”だと言う事に気づかなかった。

自分が出来なかったポイントを改めて考えてみて、
自分なりの手帳と、
デジタルと手帳の融合を作ってみたいと思います。

   

   

 

 

 

 

Sponsored Link