He was right(私が間違ってた)

Sponsored Link

He was right(私が間違ってた)

色々なセミナーや、ワークショップに参加させてもらって、
一番違和感があったのが、将来の姿(GOAL)の考え方でした。

結論としては、私が間違っていました。

goals

・将来の自分の姿が浮かんで来ない。

初めて、“5年後の自分”と言う事を教わったのは、
プロブロガーの立花岳志さんのワークショップでした。
「人生を劇的に変える!超実践2daysワークショップ」

三輪は、いま努力してることを基に…5年後にどうなってるか?
そんな考え方をするほうでした。
どちらが正しいのだろう?

言葉を変えれば…、まずは動けか、目標を見据えてから動け、どちらなのか、
ヤジロベエの振り子のように…フラフラして、答えは固まっていませんでした。
心が揺れてる時に書いたのがこちらです。
「GOALを決めずに走りだすと…路頭に迷うんだなぁ。」

・やみくもにやるだけでは…。

例え話になりますが…、

初めて訪れた土地で、そこで何かを食べたいと思いますが、
何も考えずに…とりあえず歩き始めて、店を探します。
歩いて探してるのですが、中華も和食も良いな…どっちにしようかな?
そんな迷ってるうちに…時間が過ぎてしまう…。

目標(目的)が想定出来ないと言うのは、
地図や情報がなく、ただただ…動きまわる。
到達できても。とてつもなく時間がかかります。

今までの三輪はこのタイプですね…。

・自分の思い込んだ未来が、今の自分の道標になる。

また例え話ですいません、

初めての土地に行くことが決まった時、
予め情報を調べて、ここでは中華の美味しいのを食べたいと目標を定めて店を決めれば、
ただ歩きまわるよりも…、数分の一の時間で到達しますよね。

あまり上手ではありませんが、こんな感じだなぁ…。

※ どんな稚拙でも良いから、将来の姿(GOAL)は設定しないとダメなんです。

これが、今の三輪の実感です。

・私が間違っていました…。

実は飲む席で、立花岳志さんに今日の疑問を聞いた事がありました…。
少しだけ反論したのですね(酒の勢いもあって)。

それから半年、自分のペースで努力してみて、
今なら言えます。

「私が間違っていました…、立花さんが正しかったです」

・新たな気持ちで…。

明日、もう一度新たな気持ちで…立花岳志さんのワークショップを受けます。
第3期 「人生を劇的に変える!超実践 2daysワークショップ」
前回とは違った気持ちで…、余裕を持って深い部分を学んできたいですね。

楽しみです…(*^-^)ニコ。

Sponsored Link