「51歳からのルール」を読んで考えた事。

Sponsored Link

「51歳からのルール」を読んで考えた事。

古川裕典さんの「あたりまえだけどなかなかできない 51歳からのルール」 ⇒ Amazon
を読了しました。

IMG_0445

自分がこの年齢になったので(53歳)、おそらく手に取ったのだと思いますが、
正解でした。

51歳からの、
“生き方のルール” “ワンランク上のリーダーのルール” “育て方のルール” 
“コミュニケーションのルール” “キャリアのルール” “学びのルール” “家族のルール”
“第2のスタートのルール” ”遊びと健康のルール” “開いていくルール”
で構成されています。

それぞれ、境遇が違いますので(三輪はフリーなので)、そぐわない部分もありますが、
ご自分が読みたい項目から読める本ですね、こう言った感じの本は大好きです。

私が興味を持ったののは、“コミュニケーションのルール” “学びのルール” “第2のスタートのルール”
“遊びと健康のルール” でした。

自分が謙虚な気持ちになっている時に、この本は読んだ人にとって有意義になりますね。
謙虚な気持ちの時に、この本に出会えた事を感謝しています。
今は、素直にこの本の言葉を受け入れようと思います。

私が、心に響いた言葉(項目)は…。

● 経験だけで終わらず学ぼう。
● 歳は知性でとろう。
● 「今さら」を「今から」に変えよう。
● 利害関係のない人脈をつくろう。
● もらったご縁を大切にしよう
● GIVE&GIVEを心がけよう。
● 万年幹事を続けよう。

最初に目次を見て、必要な箇所から読むのが効率的な読み方ですが、
出来れば、完全に一読されることをお薦めします。
50代なら、リアルタイムで、30、40代なら来るべき50代の準備として参考になると思いいます。

そう言った意味でも、意義のある本でした。

一読されることをお薦めします。

Sponsored Link