iPhoneと手帳、これが最強のメモツールですね。

Sponsored Link

iPhoneと手帳、これが最強のメモツールですね。

こんばんは、ミワ マサシ(@sanrinsya)です。

漠然と思ってた、自分の手帳のやり方…。
こんな新聞記事がのっていました。
iPhone5s+ほぼ日手帳で行く決心がつきました。

IMG_20131122_0001_NEW

11/22の日経新聞朝刊に、こんな記事が…。
デジタル派でもなく、手帳派でもなく…。
まさに…二刀流がベストの選択だと思います。

・デジタルの強み…

デジタルの強みは何だろう?

オートメーション(自動化)

同期機能で、自動的にいくつものツールに自動に記録される。
これは手帳や、紙のツールでは出来ない事だと思います。
体重や体脂肪率が顕著な例です。
また、閃いたアイディアをEvernoteと同期されたメモアプリで自動的にEvernoteに記録する。
これも良い例です。

繰り返し機能。

設定さえしていれば、毎日、繰り返しで表示されます。
紙の場合はこれを手作業でやらなければなりません。
やはり、デジタルの方が…優れていると思います。

SNSなどで、共有が容易になる。

何かのプロジェクトなどでは、共有が出来て、
プロジェクト共通の認識が簡単に得る事が出来ます。

画像、映像、記事などの情報も簡単にメモを録る事が出来る。

画像、映像の記録は…、デジタルならではの機能ですね…。
好きな記事、情報も記録すること簡単に行えます。

・手帳の強みはなんだろう…。

手帳の強み。
それは、無限にツールの応用が効く事、でしょうか。

工夫によって、どんなツールにもなる。

使う人の工夫によって…、その人の数だけの、ツールになる。
アプリの場合はアプリの設定が決まっており、それに従う事しかできません。
手書きはその人の目的で、いかようにも応用が効きます。

一歩引いた作業は…手書きが向いている

レビューとか…、振り返りの作業。
一歩引いて俯瞰で見る時は、紙の方が優れています。

・良いとこ取りで行こうよ。

三輪も通常のメモと、予定、taskはiPhoneで管理して、
補助的に小さなメモ(付箋のような手帳)を使って、
レビュー(日次、週次、月次)は、“ほぼ日手帳カズン”を使っていこうと思います。

IMG_1424

来年は…二刀流で、頑張っていきましょう、うん(*^-^)ニコ。

ではでは…この辺で失礼します。

Sponsored Link