“守破離”について…考えてみよう。

Sponsored Link

“守破離”について…考えてみよう。

こんばんは、ミワ マサシ(@sanrinsya)です。

守破離(しゅはり)と言う言葉をご存知でしょうか?
伝統芸能や武道を学ぶ時によく使われる言葉です。

1f5aeada

・なぜ今、“守破離”なのか?

そもそも、守破離って、なに?

守破離(しゅはり)は、
日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方の一つ。
日本において左記の文化が発展、
進化してきた創造的な過程のベースとなっている思想でもある。

まずは師匠に言われたこと、型を「守る」ところから修行が始まる。

その後、その型を自分と照らし合わせて研究することにより、
自分に合った、より良いと思われる型をつくることにより既存の型を「破る」。

最終的には師匠の型、そして自分自身が造り出した型の上に立脚した個人は、
自分自身と技についてよく理解しているため、型から自由になり、
型から「離れ」て自在になることができる。  《ウィキペディアより》

簡単に書くと、以下のようになります。

「守」:指導者の教えを忠実に守り、聞き、模倣する段階
「破」:指導者の教えを守るだけでなく、自分の考えや工夫を模索し試みる段階
「離」:指導者から離れ自分自身の形を作る段階

指導者から学び、ひとりだちするまでを…示唆しています。

いつまでたっても“守”かもしれない

今、新しいことを学んでる人、私もそうですが。
なかなか、指導者(師)から教わったことを実践することは難しい。
ですが、少しずつでも…近づいていきたいと思います。

いつになったら…“破”なのか?
自分の努力と師の教えが…重なりあったときに、
“破”のレベルに行けるのかな…。
ふとそんな事を思います。

吉川英治さんの言葉に、
「我以外皆師」があります。

自分の心がけひとつで、色々な知識、スキル、知恵が周りにある。
貪欲にアンテナをはりめぐらせて…学んでいきたいですね。

“離”のレベルは…?

自分のやり方を確立して、
自在になること?

まあ…言葉ではいろいろ言えますが…、
私には…まだまだ遠い境地。

万年”守”で終わるかも。
ですが、一歩一歩前進したいですね…。
最後まで…。

三輪は思いました。

守破離…、この言葉は基本的な概念です。
今は、守ならば・・・TTP(徹底的にパクる)なんて言われてますが、
この考え方から派生した色々なやり方がありますが…。
集約していくと…この考え方になるのかな、なんて思います。

知識を習得するためには、実践してみる…。
これを軸に据えて…やっていきたい。
そんな思いをつよくしました。

ではでは…。

Sponsored Link