自分の家系を追ってみることを、長期タスクのひとつに加えようと決めた。

Sponsored Link

自分の家系を追ってみることを、長期タスクのひとつに加えようと決めた。

こんばんは、ミワ マサシ(@sanrinsya)です。

プロブロガーの立花岳志さんのブログの記事に刺激されて、自分の先祖の事をもっとくわしく知りたくなりました。

柳川藩主 立花邸 御花 — 立花家の豪華洋館を訪れ 我が祖先に想いを馳せた♪ | No Second Life

 

 

☆ 奈良から富山へ…。

これを調べるためには、奈良、富山へそれぞれ行かなくてはならないですね。
自分が知ってるかぎりは、奈良の大三輪神社が一族発祥の地だと言う事くらいです。

IMG_3389

 

 

☆ なぜ今、その思いがさらに強くなったのか?

一昨年亡くなった父親が一度は行ってみたいと言っていたのも理由のひとつです。
その思いを叶えてあげたいなと、そんな思いが強いですね…。
こう言う気質については、私は父によく似てるようです。
生きてる時には叶えてあげられませんでした。

 

☆ 一度だけの出会った人の言葉…。

地元(東京・府中市)でタクシードライバーをしてた時に、
大國魂神社の先代の宮司様をお乗せする機会が…。

この宮司様は、社務所に勤めてる人たちの間では、霊感が強い宮司さんで名が通っていました。
そんな宮司さんが私の顔を見るなり、『運転手さんは奈良の人ですか?』と声をかけられました。
「先祖は奈良の出だと聞いてますが、私の家の出は富山です」
さらに、「あなたのご家族は呼ばれてここ(府中)に来ているんですよ」
「ここに住んでからあなたの家は落ちついた生活を送れているのではありませんか?」
確かにその通りなんです…、
府中に越してきてから父母私の生活は落ちつきました。

収入も、健康も府中に住み始めてから落ちつきはじめました。
(・ัω・ั)なんで当たるんだ??…、みたいな感じが。

話を要約すると、大三輪神社も大國魂神社も、
大国主命の分神が祭神になってるので、

我が家が、大国主命系の一族だから呼ばれたのです。と言うことでした。

『堅苦しく考えないで、はるか昔のご先祖のお墓参りに行く感じで、是非一度、大三輪神社に行ってみてください』

そんな宮司さんの言葉が今でも心に残っています。
その後、まもなく宮司さんはお亡くなりになりました。
このたった一度の出会いも…先祖の事を知りたいと思える理由のひとつになりました。

 

☆ 最終的には…。

先祖の息吹を感じられる場所に是非行って、
自分の家の家系図を出来ところまで…作ってみたいですね…。

優先度が低いですが、コツコツとやっていきたいと思います。
優先度の低い・・・・長期タスクに加えます。

ではでは…(^_^)/~。

Sponsored Link